埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

01月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 20:07:03 «Edit»
2010
01/30
Sat

Category:雉やまの家

模型完成 


P1010332 400.300
P1010339 400.300
最終形完成
まだまだ細部は煮詰めるけれど。
プロポーションも綺麗で、納得。
さあ、打ち合わせだ。

ブログランキングです。

TREview
スポンサーサイト

テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 15:09:35 «Edit»
2010
01/29
Fri

Category:雉やまの家

雉やまの家 最終確認用模型 


P1010327.jpg
模型を作り始めると机の上はこんなことになり、いつも机の上にある者たちは避難所に行くわけだけれど、
どこに避難したかわからない行方不明者が現れる。
1/50なので主要な構造材までいれる。
だいぶリアリティーが出てくる。
複雑な骨組なので架構チェックもこの時点で行う。

P1010337 400.300

ブログランキングです。

TREview

テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 17:34:01 «Edit»
2010
01/27
Wed

Category:川越の老舗眼鏡屋

川越の老舗メガネ屋 


kaniya3 A440
kaniya2 A440
kaniya1 A440
川越の老舗メガネ屋 (スポーツグラス専門店)改装プロジェクト 
店舗デザイン会社が提案してくるいかにも眼鏡屋さんというのはイヤダ!
と言うオーナーの気まぐれ?によって始まったプロジェクト。
改装時期もまだ未定。
たぶん一年以内くらいというアバウトさ。
以前書いたようにやっぱり素材は山のめぐみ。
柱材を使ったカウンターに、丸太を使った展示方法を考案、自然素材の上に工業製品が乗る。
まだまだ煮詰めることはたくさんあるけれど、我ながら面白いアイディアだと思うし、楽しくなってきた。
プレゼン会場が居酒屋だったため、直ぐにビールが入ってしまい、話し合いは盛り上がったけど重要なことを忘れてしまった気がする。
だいたいにおいてビール好きが集まって居酒屋で建設的な議論が出来るわけが無い。
この調子では年内改装はとても無理そうである。
長期戦になる覚悟を決めた夜であった。

ブログランキングです。

TREview

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 17:23:03 «Edit»
2010
01/26
Tue

Category:構造計算

土台への柱のめり込み  


Image3-1.jpg
土台への柱のめり込み
木材は繊維方向には強く、繊維と直角方向には弱いのです。
柱に大きな垂直な力(地震での上下動や積雪荷重)が加わると、柱は耐えられてもその下の土台や梁が繊維と直角方向に押されて破壊してしまう現象が起こります。

データの上から2/3くらいの所にNG!!!が見えるかな?

部屋の割りに柱が少なかったり、広い部屋に面する柱でまれにこのようなケースがあります。
対処方法としては。

1)柱の本数を増やし、1本あたりの負担過重を分散させる。
2)梁の掛け方を替えて力の伝達を変えてみる。
3)柱を太くして、土台へ接する断面を増やす。
4)土台の材種をめりこみ強度の高いものに変える。
などです。

今回は、柱の断面を10.5cm角から12.0cm角に替え、隣接する部分に柱を1本増やし負担を分散しました。

柱の圧縮強度の検討から、土台のめりこみ強度が足りないことが判明し、対処を迫られたケースですが、めり込みの解決だけでも上の4つの方法があり、そのつどコストと強度バランスを考えた判断が求められます。

建築業界に入り25年ほどキャリアを積んで来たけれど。
経験と感で柱を割り振ったらこのような結果になりまして。
いけると思ったストレートに耐震等級2がカウンターを合わせてきた感じで完全にポイントを奪われました。

木造の2階建てで許容応力度の検討はまだ実施される数が少なく、経験と感が大半です。
経験と感は重要なものだけれど、実際には大地震を経験して自分の設計した(建てた)家が大丈夫だった。
と言う経験を積んでいる人はたぶんすごく少ないはずなんだよね。

だから経験と感を踏まえたうえでの検証作業が必要だ。
と、思う人は結構少ない。


ブログランキングです。

TREview









テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 10:24:29 «Edit»
2010
01/25
Mon

Category:日常

冬の濡れ縁 


P1010312-1.jpg
濡れ縁

濡縁は、外側軒下に造られる、壁や雨戸がない簡易なもので、普通は土台に板かけをし、外側には、縁束を立て、縁かまちをわたして縁板が張られ固定されるが、持ち運びの容易にできる据え置く形式のものもある。濡縁の木材は、水による腐食や風化に比較的強いものである必要があり、合板やベニヤ板などの新建材は不向きである。防虫剤や、防腐剤を塗る場合もあるが、人が暮らす場所に塗布できるものかを考慮する必要がある。

「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%81%E5%81%B4」より作成

濡れ縁のよさは、夏より冬だと思う。
冷たい麦茶より、熱いお茶の方が濡れ縁には似合うのだ。

そう考えると濡れ縁を満喫できる日数は、12月から3月にかけてと言うことになる。
しかも昼間ノンビリとしている日で無ければならない、さらに冬晴れでなければならない。
とすると、月の休日で2日あるかどうか、そのような過ごし方をしようと気が付かない時もあるので、せいぜい4ヶ月の間に5~6日と言う所だろうか。
しかも今日のように猫が機嫌よくこちらの楽しみに付き合ってくれるとなると更に日数は減って、2~3日となってしまう。

彼らは(彼女ら)は人の都合に合わせてやろう、という気はたいがい持ち合わせていないのであるからしかたない。

3/365

一日使ってしまったから今年は後2日分しか残っていない。

下の写真は築300年寄居町の吉田家住宅の冬の濡れ縁

P1010183.jpg


ブログランキングです。

TREview


テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 16:54:55 «Edit»
2010
01/22
Fri

Category:日常

知らなきゃ損する バリアフリー 


P1010130.jpg
昨日は仲間の工務店 設計事務所 合同での勉強会でした。
8社 9名の参加で21年度国土交通省住宅市場調査結果の検討と、現場検査注意点、瑕疵担保保証の仕組みなどで6:30から9:00くらいまで勉強させてもらいました。
設計仲間同士の会合はあるけれど、工務店合同でのこのような会は初めてでなかなか面白かったです。

木耐協の登録更新でサイトを見ていたら先日依頼されてまとめた、バリアフリー工事の助成制度利用状況が掲載されていた。

144件のアンケートで助成制度を利用した:12.5% 利用しなかった91.94%  無回答5.56%
やっぱりあんな複雑な助成制度では利用率が上がるわけは無く、工事をする施工業者が本来消費者へ提案するべきだが、施工者もよくわかっていない、勉強していない、気になっていてもよくわからない。
と言うのが実態だと言うことだ。

知らなきゃ損する  バリアフリー   
リフォームに関わる優遇処置は大きく分けるとバリアフリーリフォームと省エネ、耐震の3本柱です。
それぞれに細かい要件や条件がありますので今回はバリアフリーリフォームについてお伝えします。

バリアフリーリフォームでは優遇処置を活用しよう。
知らなきゃ損する優遇処置

高齢化になどに伴って身体機能が低下すると、住み慣れた家でも使いにくく感じるようになり、段差で躓いたりして家庭内事故に繋がることもあります。
住宅の中の障害を取りはぶき、自立した生活が住み慣れた自宅で続けられるようにするのがバリアフリーリフォームです。

1:優遇処置は「税」「介護保険」「ローン」の3本柱です。
ポイント1・税制優遇は時限処置です、適応時期は工事業者に事前に確認をしましょう。

2:いずれの優遇処置もバリアフリー対象工事が定められています。手摺りの取り付けや段差解消などです。対象の要件は事前に打合せをしましょう。

3:介護保険の活用ではケアマネージャーと事前に相談をしましょう。(窓口:市町村)
ポイント・介護保険の申込(介護予防住宅改修費の支給)にはケアマネージャーが作成した理由書が必要です。
工事に取り掛かる前の申請が必要です。

4:所得税の控除は30万円超からの工事です。   (窓口:税務署)
固定資産税の減免は30万円以上の工事からです。 (窓口:税務署)ポイント1・バリアフリー工事の費用が計算できるような見積りを依頼しましょう。
ポイント2・所得税控除:H25.12.31まで固定資産税控除はH22.3.31までです。
ポイント3・固定資産税控除は完成後3ヶ月以内に所轄行政への届出が必要です。
ポイント4・所得控除には設計事務所や確認検査機関が発行する(増改築等工事証明書)が必要です。
ポイント5・ローン減税のほか、税制改正により投資型(自己資金活用)減税も新設されました。

5:住宅金融支援機構のリフォーム融資を活用しよう。(窓口:住宅金融支援機構)
ポイント1・満60歳以上を対象に高齢者向けの返済特例制度があります。
ポイント2・住宅支援機構のリフォーム融資には高齢者居住支援センターによる保証が必要です。工事にかかる前に手続きが必要ですので早めに準備しましょう。

6:その他
  お住まいの自治体により改修工事に対する独自の助成制度を定めている所があります。
市町村にお問い合わせください。


各優遇処置にはそれぞれ細かく適用要件が定められています。工事にかかる前に申請しなければ受けられない優遇もあります。
余裕を持った準備期間のなかで、工事会社、設計事務所と打合せを行い、優遇処置を活用しましょう。

詳しくは「杢の家をつくる会」事務局までお問い合わせください。



ブログランキングです。

TREview


テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 16:25:44 «Edit»
2010
01/20
Wed

Category:日常

普通ではない時 


P1010292.jpg
船だってたまには空を飛んでみたいものである。
まして、池に水が無い時ぐらいは。



川越の海と言われる伊佐沼の光景
大規模工事中

ブログランキングです。

TREview

テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:00:29 «Edit»
2010
01/19
Tue

Category:日常

埼玉県警察 KEEP OUT 


P1010289.jpg
埼玉県警察 KEEP OUT のテープ
川越市の駅の近く、4年位前に設計した交差点の角に立つ、1F店舗、2.3Fワンルームの準耐火の木造建物
車が建物短辺間口のショーウインドウに突っ込んできたとのことで被害状況の調書作成を依頼された。
幸いなことに両側の構造壁は無事なように見える。
いずれにしろ内部側の壁仕上材を撤去しないことには、基礎、土台廻りが確認できないので撤去を依頼して今日は何も出来ず。

内部の巾木タイルの上部が破損していると言うことは、基礎立ち上がりから土台下部にかけてタイルが張ってあるわけで、土台が動いたことを意味する。
基礎も一部破損しているようだ。
この程度であれば体裁は整えられるが、構造上心配が無いとまでは言い切れない。

意図して突っ込んだわけではないでしょう。当然保険で対応するようですが、もし保険に入っていなかったらとっても不幸なことになりますね。
店舗もしばらく休業の紙を張っていたし。
建物の修理だけでなく、この場合休業補償も請求され、休業中の従業員の給料の補償もある。

安全運転をしようと思う。

P1010287.jpg


ブログランキングです。

TREview

テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:02:16 «Edit»
2010
01/18
Mon

Category:日常

りっぱな小屋である。 


P1010202.jpg
りっぱな小屋である。(飯能市名栗)
こんな小屋がほしいものである。

NPO杢の家をつくる会の2月の会報用にバリアフリーリフォームの優遇処置を簡単にまとめてみた。

優遇処置は「税」「介護保険」「ローン」の3本柱です。
住宅金融支援機構のリフォーム融資もあります。
所轄窓口は「市町村」「税務署」「住宅金融支援機構」などでそれぞれ要件が細かく決められ、さらに縦割り行政なので手続きは煩雑です。
介護保険適応ではケアマネージャーの理由書も必要で、所得税控除には確認検査機関発行の証明書も必要になります。
自治体によっては独自の施策もあり、事前の十分な調査が欠かせない。

バリアフリー改修が必要な年齢のい方がこれらの優遇を受けるための手続きを主体的に進めるのは大変難しい。
かといって、工事会社が皆詳しいかと言ったらそんなことは絶対にない。
行政も何とか窓口を一本化して、知らないで損をする高齢な方が出ないようにしてもらいたいものである。



ブログランキングです。

TREview

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 16:42:27 «Edit»
2010
01/16
Sat

Category:雉やまの家

柱梁に使う構造材 


P1010278.jpg

雉やまの家
柱梁に使う構造材である。
模型の材料だけれどもちゃんと桧の香りがしていい香りである。
間取りがほぼ固まって、イメージを建築主とともに確認する方法はパースか模型がわかりやすい。
文章や、図面や、言葉と言う方法もあるけれど一番確実なのはやっぱり模型である。
特に空間に変化があり、矩形の空間ではない場合は作ってみないとこちらとしてもイメージしきれないところがあるものだ。
模型自体が商品ではないのでスチレンボードと木材だけでつくる。
でもそんな材料さえ川越近辺では手に入らない、これは一昨日八重洲の構造セミナーの帰りにお茶の水のLEMON GASUIで調達
見ているだけでも楽しいお店である。
建築模型に興味が無くても、ちまちました物が好きなら覗くだけでも楽しいのでそんな人にはお勧め。

私はちまちましたことが好きなので本当はこんなことばかりやって暮らしたいと考えている。
昔から重箱の隅が気になってしょうがないのだ。
あ~また筆箱の隅に消しゴムのカスが溜まっている!

ブログランキングです。

TREview

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 15:59:28 «Edit»
2010
01/15
Fri

Category:未分類

赤羽の家イメージ 


赤羽-2


杢の家をつくる会の仲間の工務店との共同作業
赤羽の住宅地
≒70㎡の敷地に条件は準防火地域、ケンペイ60% 容積150% 2種高度地区
ガンジガラメの器の中にどれだけオーナーの希望が詰め込めて、なおかつ造る側のオリジナリティーが現せるのか。

3F建てのプロポーションは難しくいつも悩む所だけれど、
特に屋上を使う場合は単純に3Fの壁を立ち上げて手摺とした時に、3F窓上のオデコ(壁)が広すぎて間が抜けてしまう。
今回は屋上を少し引っ込めて屋根を出すことによりバランスを整えてみた。
造り手からすればそのまま壁で立ち上がった方が楽には違いないけれど、造り安さを優先してばかりはいられない。

構造的にもこのようなビルトインカーポートを持つ3F建ての場合、道路側の構造壁が不足しがちであり、建物に捩れが生じやすいと言う欠点がある。
今回はカーポートの開口部に門方フレームを使い、捩れを抑えてみようと考えている。
通常このような間取りでは耐震性能が上げられない。
壁量が足りても、捩れが補正できないのだ。
門方フレームが捩れに対してどの程度有効か計算が楽しみだ。
長期優良等級2まで持っていってみたいところだけれど何処までいけるかな。
J-耐震開口フレーム

ブログランキングです。

TREview

テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:19:01 «Edit»
2010
01/13
Wed

Category:山と材木

国産材が普及しすぎると誰か困るのかな? 


P1010194.jpg
写真は茅葺の屋根:意図せずとも屋根緑化

住宅版エコポイントが今月の通常国会で予算が成立し施行されるらしい。
景気刺激策と温室効果ガス削減がテーマになって、建設業界としてもありがたい制度だ。

最大還元額は30万円。
30万円で新築しようと思い立つ人もいないと思うけど、ちょうど建てるタイミングの人には恩恵がある。
現金還元ではなくてポイントで還元されるらしく、交換対象商品はおそらくエコ家電とかになるんだろうな。
でも、省エネ規準は次世代省エネ規準相当が必要なようだから、長期優良同等ということになり、建築コストもそれなりに上がることになりそうだ。
建築主も温室効果ガス抑制を優先すれば迷う必要は無いが、コストUPが気になる方は慎重に、と言うことだと思う。

それにしてもよくわからないのは、直前まで検討されていて、制度から零れ落ちた「国産材を使用した住宅へのポイント加算」だ!

なんではずされたのか解らない。

輸入材は重油を燃やしてCO2をたくさん出しながらロシアとかカナダとかから運ばれてくるって言うのに

なんでそいつらと国産材が同列なのか。

国産材が普及しすぎると誰か困るのかな?
ブログランキングです。

TREview

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 20:59:10 «Edit»
2010
01/12
Tue

Category:撒きストーブ

冷蔵庫の中で撒きストーブを検討する。 


P1010073.jpg
今日は寒かった。
冷蔵庫の中にいるより寒かったんじゃないかな。

雉やまの家で予定している撒きストーブの暖房性能を検討してみた。
考え方は

撒きストーブから出る熱外に逃げてく熱でOKとする。

バーモントキャスティングのカタログスペック 最大出力: 11,750Kcal/h

撒きの種類や条件による低減率を10%見込んで
常用最大能力を11750*90%=10575Kcal/hと設定


まず建物部位の熱貫流率を確認  (最低でもこの数字はクリアーする、更に上げる予定でいる)
熱貫流率:屋根天井=0.58W/㎡・k
     床   =0.82W/㎡
     外壁  =0.91W/㎡
     開口部 =2.9W/㎡(空気層12mm)

設定室温:23度 外気温-2度のときに逃げていく熱量は
温度差=25度
屋根天井から 25*0.58  =14.50W/㎡ 
床から 25*0.82  =20.50W/㎡ 
壁から 25*0.91  =22.75W/㎡
開口部から 25*2.9  = 72.5W/㎡

次に建物概要
床および天井面積     :125㎡
壁面積          :170㎡
開口部 :概算床面積*15%= 19㎡

逃げていく熱量は
屋根天井から  14.5*125 =1813W
床から     20.5*125 =2563W
壁から     22.8*170 =3876W   
開口部から    73*19  = 1387W
       
          合計:9639W=8288kcal/h

       8288kcal/h10575Kcal/h

メーカーの設定能力から考えれば
外気温-2度の時に建物全体を+23度(温度差25度)に維持するのに≒70%の能力で足りる。
不確定要素もまだあるけれど、換気回数を考えても十分な能力だと思う。

ブログランキングです。

TREview

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 17:37:05 «Edit»
2010
01/10
Sun

Category:巨樹めぐり

巨樹めぐり 小川町編 


P1010258.jpg

北風を受けて北へ
川越から約35.0km
自転車で約1時間半
途中公民館で道を尋ねて
見に来ました。八和田神社の大杉

小川町の天然記念物
目通り約5.7m
樹齢は800年くらいらしい。神社がまつられた頃からあるに違いない
残念なことに頭は雷にやられて約30mと言うことだけれど、周囲を圧倒する存在感だ!
山間部ではなく集落にあるのもポイントが高い。
800年のそこに存在していることが凄い、木も凄いけど残してきた集落の人達も偉い!
だって800年って何世代?
P1010255.jpg
いつも思うのはカメラに収まらないということ。
帰りは来た風に乗ってビュンビュンだ!




TREview

tb: (0)     com: (0)
Posted on 17:52:11 «Edit»
2010
01/09
Sat

Category:未分類

長期優良住宅に足りないもの 


P1010044.jpg
川越の歯医者さん 大正2年建築 築97年 川越市の伝統的建造物に指定されている。
蔵の町として知れているけれど実は明治から昭和初期の洋館が多い川越。

長期優良住宅とは
「資産として住宅価値が高く維持され、世代を超えて長く住み続けられる住宅」と言う定義の基に認定を受けた住宅のこと。

具体的には、耐震構造・劣化・維持管理・温熱環境・定期的点検実施など
いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う
長寿命化により、解体等によって出た廃棄物を抑えられる。
環境への負担をやわらげ、環境問題に貢献する。
目先のメリットとしてはローンの減税が拡大、固定資産税、登録免許税、不動産取得税などの軽減。
アーキクラフトでも業者からの依頼を受け2件の長期優良の認可を取り、これからもう一件予定があります。

でもね

数字で評価を取らないといけないので我々が言うところのこだわりの家では対応できないのです。
構造は構造計算で根拠が作れても、温熱環境でアルミサッシを使わないと対応できないとか、自然素材系の断熱材では対応できないとか。
結局、やりやすいのはパワービルダーとかHMとか規格型の住宅。
今日の朝、某ローコストHMの新聞折込が入っていました。
長期優良住宅で28坪2F建て685万円だそうです。

もっと優良な国産の材料とか、しっかりした職人の技術とか、こだわった建て主の住宅に対する哲学とか、設計や大工さんの住宅に対する取り組み方とか。
もっと違う評価の方法もあっていいと思うのは私だけではないはず。
だって長寿命になるかどうかは造り方よりも建て主のこだわり次第だと思うから。これだけ多様化した日本なのだから、1つの基準のみ優遇するというのは可笑しい。
まあ評価のやりようが無いとも思うけどね。

685万円の長期優良住宅が凄いと言うよりも所詮部品の寄せ集め、それを上手に数値化したテクニックはほめてあげよう。
折込チラシを前にして朝からテンション下がりまくり。




TREview





テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 18:22:54 «Edit»
2010
01/08
Fri

Category:雉やまの家

ただいま許認可作業中 


P1010247.jpg
調査から始まって農業振興地域除外許可~測量~分筆~道路側溝占用~排水放流許可まで終わりやっと本日農地転用許可申請と都市計画法の開発許可申請が提出できました。
それぞれの申請に実印や印鑑証明はもとより、戸籍謄本、住民票、隣接地主同意書などなどまだこの後には確認申請が待っています。
基本的に家を造らせないところ、市街化を抑制している場所へ家を造るんですから手続きのハードルは高い。
関係窓口も農業政策課、開発指導課、農業委員会、道路管理課、河川課、建築指導課、環境衛生課とバラエティー豊かでしかもみんな縦割り。
お陰で同じ書類を複数用意して。

行政の人達は自分たちの仕事を増やすためにいろんな手続きを生み出すのが得意なわけで
自分たちの仕事量が減らないように努力しているわけで。

逆に我々は出来るだけ省力化したいわけで。
勿論理にかなった手続きもありますがなんでこれが今必要なの??
と感じるようなことがよくあるけれど、もう大人なのであまり文句は言いません、早く許可してもらった方が助かりますから彼らが上司に書類を廻しやすいよう、疑義が生まれないよう、彼らの立場になって書類をまとめるのもプロの仕事かと。。。大人だ!

帰りの道路標識に「狭い日本そんなに急いでどこへ行く」という標語が目に入った。
まったく余計なお世話である。
大体自分にとって日本は結構広い、川越だってかなり広いのだ。行ったことの無い場所だってある。
勿論むやみにスピードを出すことはないけれど、急がなければならない時だってあるし、これを見てスピードを落とした経験のあるドライバーがいるのだろうか?
救いようの無いくらいおせっかいな標語は警察関係が多い。
彼らも一生懸命自分たちの仕事を増やしているに違いない。
などと思ってしまった冬晴れの午後。




TREview

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 22:49:37 «Edit»
2010
01/05
Tue

Category:川越の老舗眼鏡屋

川越の老舗眼鏡屋 


P1010013.jpg
去年の暮れから頭にあってなかなか紙に向き合えなかった案件がある。
アイディアが浮かばなかったのだ、どうしても思考が木や紙や土に向かってしまうため案件によってはなじまない。
住宅メインの仕事だけれど年に一件ほど決まって店舗の仕事をいただく、職種はいろいろだけどいつも小さい店舗で、ありがたいことに結構好きにやらせていただいている。

今度の依頼は川越の老舗眼鏡屋。
2代目?3代目?の旦那は私と同い年で趣味も同じ自転車乗り。
モダンな店舗に脱却! というところであるけれど、ただ綺麗で、今風で、よくある感じ、では店主の価値が上がらないのだ、個人商店は店主で持つとともに店主の顔であると思う。
店主の主義や主張、趣味や思い現れを目いっぱいあらわしていいのだと思っている、そこに共感し感じるものがあってこそファンができるのだと思う。
10人の内一人か二人のファンができればいいのであって量販店とは対極の立ち居地で考えなければいけないのだと思っている。
そしてそこに関わらせていただいた自分なりのアイディアを入れさせていただく。
ちょっとしたスパイスみたいな仕事である。
今日紙に向かっていておぼろげながらその方向性が見えてきたような気がする、ヒントはやっぱり山の木であった。

店主が気に入るかどうかは??????????????しばらく後に続く!

ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください


TREview

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 11:38:23 «Edit»
2010
01/04
Mon

Category:日常

楢の木の上で平和を感じる。 


P1010234_01.jpg
新年初仕事
庭で伸び過ぎた楢の木の枝卸し
正月早々電動とはいえチェーンソーを吹かすのは少し気が引けるけど、やろうと思ったときにやらないとまたのびのびに、
枝ものびのびに、犬小屋日影に、洗濯乾かず、相棒不機嫌に。

新ダイワの電動チェーンソー
メンテナンスをサボっているのでいらいらするぐらいに切れない
普段山の仲間のプロが使っている道具を見ているとまるでオモチャのよう
こいつのチェーンスピードは8.0m/s、エンジンタイプではポピュラーなものでも25.0m/sはあるから
仕事量は比較にならない。
でも街中では電動くらいがちょうどいい (エンジンに比べればこれでも静かだから)
スプロケの磨耗かチェーンも外れやすくい、チェーンもだいぶ伸びているみたいだ。
やっぱり道具は手入れですね。
半分くらいで今日はおしまいに
切るより、切った後の枝の処分が大変なのだ。

青空の下高い所に登って周りを見回す、鳩山さんが頼りなくとも、デフレスパイラルに巻き込まれようと
今日この楢の木の廻りの世界には確かな平和が広がっているのであった。
まるで楢の木が平和の中心のようだ。
楢の木にとってはそれどころじゃないだろうけどね。
P1010235.jpg

ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください


TREview



テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:43:14 «Edit»
2010
01/01
Fri

P1010216.jpg
あけましておめでとうございます。
2010寅年
うちの寅2匹を紹介します。
上の写真は下の子、今年骨盤骨折で重症大手術、腰に金属プレートは入ったまま木登りしてます。
下の写真は上の子、マッタリ太り、顔が重くいて椅子の桟にいつも顎を乗せて幸せ気分。
2010もこの子達のご飯のために私は働きます!
皆さんよろしく!
P1010114.jpg

ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください


TREview

テーマ: 我が家の猫

ジャンル: ペット

tb: (0)     com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。