埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

02月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 20:33:53 «Edit»
2011
02/28
Mon

Category:建物

「ハンマービーム」で屋根を支える。 


先日の川越の歴史的建物調査探訪のつづき
P2221396.jpg
完全なる積石造(フランス積み)の建物は全国でも数少ない。
特に関東では関東大震災を被災しながらも残った積石造として貴重である。
そんな大正期の空気をそのまんま包んだ川越キリスト教会
創設明治11年~川越大火で消失~大正4年再建
積石造P2221385.jpg
内部は中世イギリス時代の小屋組み手法「ハンマービーム」で屋根を支える。
日本の小屋組は壁を土台と対になって固定する役割があるが、積石造の場合は、壁は完全に壁だけで自立するのでハンマービームは単純に屋根だけを支える。
火災では屋根だけ残るので再生が楽
でも先日のNZランドの震災では100年クラスのこの構造の建物が倒壊し、大きな被害が出たばかりである。
P2221393.jpg
建築の調査探訪が目的のイベントであったが私が個人的に一番見たかったのはこれ!
総パイプ数335本で小型のパイプオルガン。

この礼拝堂の構造や空間にふさわしいものである。
音が聞いてみたい。
礼拝に行くしかないか。

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:25:12 «Edit»
2011
02/27
Sun

Category:小屋

高いマスクも外さないわけにはいかないし 


IMG_0652.jpg
NPO山のめぐみ活動日
五領の森の間伐
この辺の杉はまだ3分咲き
IMG_0659.jpg
イベントに向けてときがわっ子の写真撮影
手に持ているのは、バックシートの柄模様と同じで新しい「めぐみ」のキャラクター
名前は「モリゾー」
IMG_0661.jpg
お昼ごろまではマスク&塗り薬でさして症状も出ず快適
お昼ご飯がたぶん悪かった個室に8人、花粉をいっぱいに浴びた男たちがそろった中で当然マスクを外す。。。そして約1時間
帰りもジョグして帰ったけれど鼻水だらだら
高いマスクも外さないわけにはいかないし、やっぱり薬にたよるか???

みんなは近所の酒蔵のお祭りに行ってしまいました。

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 18:54:15 «Edit»
2011
02/26
Sat

Category:未分類

一番奥は積み木担当君 


P2261479.jpg
雉山現場打合せ
手前から電気屋さん 奥が棟梁の吉田さん 右が大工の新井君 一番奥は積み木担当君
みんなで日向ぼっこしながら打合せ。
みんな春の空気を吸いながら気持ちがよさそう
どうやら花粉症は私だけ!

造作家具関係と電気配線
作業性と納まりと意匠性とコストと使いやすさを短時間で判断し決定する。
立場は違えど基本的な方向性は確認できているので話は早い。
外壁の色も決まりました。
土色です。地面の土の色をそのまま明るくした感じ。
P2261482.jpg
午後からは三橋の家打合せ
LYRA(ドイツ)の色鉛筆
建て主さんにお借りして、これでパースに色付けをする約束
発色がよく、重ね塗りをしてもあまり色がにじみそうに無い。
文房具マニアとしては最高のおもちゃをお借りした。
普段はカランダッシュ(色が混ざりやすいタイプ)や、もろに混ざる水溶性を使っているので違った感覚で楽しめそう。
これはこれでいい味が出そうです。
太い芯は太めで三角の木製の柄に包まれている。
小さい子から誰にでも使いやすく持ちやすく考えられている。

LYRAもカランダッシュもドイツ製
日本とドイツ以上の筆記具を生産する国をしらない。

ly-sub001[1]


クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:37:23 «Edit»
2011
02/25
Fri

Category:琴の家

登り梁が空に向かっています。 


琴の家上棟
ホームページからお問い合わせいただき知り合ってからもうすぐ一年となります。
一年間お世話になりました、感無量です、これからもよろしくお願いいたします。

構造材は90%杉 10%桧で100%ときがわ材
マイレージの極端に少ない材料達が自慢です。

花粉症で悩む方々のため!(自分のため)に近場の杉をまた一軒分減らすことができました。
今後もますます伐採して行く覚悟ですので花粉に悩む方は私に家を設計させてください!
近場の杉花粉を減らします。

2階の垂木を受ける登り梁が空に向かっています。
P2251462.jpg
杉の登り梁に母屋の桧を落とし込む。
P2251461.jpg
青空にきれい!
P2251474.jpg
春一番が吹いたよき日の上棟でした。

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 20:23:12 «Edit»
2011
02/24
Thu

Category:建物

装飾品のありようは変わる 


P2221365-1.jpg
山崎さんちの続きです。
階段のステンド
上1/3ははめ殺し窓、2/3は分銅式の上げ下げ窓です。
写真ではよく見えませんが鮮やかな鳥が枝に留まっています。
階段自体が暗くて見えず残念ですがアールデコ調の「控えめな形」とでも申しましょうか。
P2221368-1.jpg
これは室内と室内の仕切りです。
配膳室と食堂だったかと思います。
品がありますね。
P2221362-1.jpg
これは客間の西の上げ下げ窓です。
階段やホールの移動空間は鮮やかで華やかなステンドですが、居室の場合はポイントとして使っていますね。
どこでも派手にしたがる人もいますが、その空間、そこにいる時間によって装飾品のありようは変わると言うことです。

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 11:12:19 «Edit»
2011
02/23
Wed

Category:建物

関東にいるのを忘れる 


P2221360-1.jpg
建築士事務所協会の企画
市の景観課の方も同行で川越の歴史的建物探訪
今回は一般非公開、写真等の公開も禁止の建物まで見ることができ関係者の尽力に感謝 

川越は蔵の町として有名ですが、実は明治~昭和初期の洋館が多いのです。
住まわれているので公開されているところは少ないのです。
この建物は山崎別邸(通常は非公開川越市所有)今回の写真公開はOK

当時の川越の文化レベルの高さ、豊富な財力が蔵造りにも洋館にも現れています。
木造2階建てモルタル仕上げ瓦葺きと書けばまったく普通の住宅イメージですが。

設計:保岡建築事務所保岡勝也
師匠が有名すぎて辰野金吾の弟子の・・・と紹介されてしまうが日本の住宅作家の先駆者
川越では川越4部作として知られ、3棟が現存している。
建築年代は1924年
建築的に表現(勝手に)すると「ミニ和洋館並列型中廊下式住宅数奇屋風味アールデコ風」
この建物で一番印象的なのはステンドグラスを用いた光の演出
製作者:小川三知
和館の繊細な意匠は関東にいるのを忘れる。
年に一度くらいは公開されるようなので一度はご覧あれ。
横浜や神戸に残る西洋人が住んだ、西洋人が設計したあっけらかんとした「いかにも洋館」とは一味違う。
日本人なりに洋館意匠を再構築し、数奇屋の技術で仕上げた「日本の洋館」である。
いいものは残る。
文化遺産として残さなければならない。
P2221371-1.jpg

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 15:53:04 «Edit»
2011
02/21
Mon

Category:雉やまの家

床の断熱材を踏み抜いたのは私です。 


P2211273.jpg
イメージとしては5分咲き
雉山現場
P2211258.jpg
新井君リビング掃き出し間口5.4m
敷居鴨居と格闘中
溝止めだからね
適当にできないね。

そんな現場で・・・・
床の断熱材を踏み抜いたのは私です。
じゃまをするどころかマイナスの仕事をしてしまいました。
苦笑いの新井君
関係者各位さま・・・ごめんなさい

クリックお願いします

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 21:00:50 «Edit»
2011
02/20
Sun

Category:NPO

竹の水をみんなで飲もうというたくらみ 


IMG_0637.jpg
越生駅から八高線と一緒に走る!
電線がないのですっきりしているディーゼルだから
山のめぐみ活動日
五明の森での間伐作業
竹がたくさん
IMG_0644.jpg
竹はもう水を吸い上げています。
竹の水をみんなで飲もうというたくらみ
これがまた甘いんです。
ほんとですよ!
びっくりしました。砂糖水みたい。
また素敵なことを教えてもらった。

仕事は仕事だけど仕事じゃないような仕事の仕方で半分以上遊び、日曜日だし!
IMG_0640.jpg
帰りも走って帰りましたが、何処までは走ったかは・・・言えません!内緒にしておきます。
きっと馬鹿だな~
と思われるだけなので
ひかえておきます。
大人ですから。

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:48:45 «Edit»
2011
02/19
Sat

Category:コラム

木造住宅はエコですか? 


花粉3
花粉便りの続きが届いています。

まじめコラムのつづきです。
設計事務所らしくなってきた?
そのうちにHPに整理してUPしようと思ってそのままPCの隅で眠っているコラムがいくつかあるんです。
掘り起こしています。

木造住宅はエコですか?
(CO2から木造住宅を考えてみる。)

木造住宅はエコですか?
建物の構造躯体(主構造部)が木であるか、鉄であるか、コンクリートであるかでW造、S造、RC造と区別されますが、住宅の場合躯体以外の材料は殆ど同じです。

日本建築学会のデータによると一軒の住宅を造り出すのに排出するCO2は。
W造:≒480kgco2/㎡
S造:≒720 kgco2/㎡
RC造:≒700 kgco2/㎡

家を造るときに出すCO2(イニシャル)と生活で排出されるCO2(ランニング)を比較すると、平均住宅寿命30年としての概算でが、家を造る時のCO2は生活家庭の排出CO2の10%程だそうです。

当然永く使えば使うほど製造時のCO2の影は薄くなっていきます。
永く使えば建物構造を何にしようがCO2の排出と言う意味では大差ないといえます。
どんな工法でもその後の生活の仕方に掛かっているということです。

木材は成長過程でCo2を吸収し、内部に固定化しています。
CO2の固定化は主に若木の成長過程で行なわれ、樹齢とともにその能力は衰えていきます。
適度な成長段階で伐採し、若木を植林し循環していくのがCO2固定化には有効です。
CO2の内部固定化を勘案すると、W造のイニシャルは上記の数字よりもかなり落ちていきますね。
環境的住宅素材としては優等生です。

もっとも、W造だからといって輸入してきたのでは本末転倒。
大雑把な話になりますが、住宅一棟の木材輸送CO2は輸入にたよると≒3.0トンのCO2で、国産地場材の場合は≒0.2~0.5トンとのことです。
少なく見積もっても約6倍のCO2を排出します。
これは木材の値段よりも輸送にかかるコストのほうが大きいくらいなのです。
また、標準的家庭の一年間のCO2排出量は5.0~8.0t言われています。木材の輸送CO2だけで輸入の場合は標準的家庭の一年間のCO2排出量の約半分にもなってしまいます。
これは製造時の排出CO2にプラスされる数字です。
このことから言えるのは、CO2排出量をエコの基準とするのであれば、国産地場材が圧倒的に有利と言えます。
エコの観点は色々ですが、輸入材をメインに使っていながらエコ住宅を謳うのは、ちょっと違うのではと思います。

パワービルダーや大量生産が前提のハウスメーカーにとってはまだまだ国産材は使いにくいようです。もっともいち早く国産材メインにシフトしているメーカーもあります。

近場の材料が調達しやすくなり金額も安くなってくれば、誰も外国から持ってこようとは思わないんだろうけど、それが出来ないから輸入する、建て主にCO2のために過度なイニシャルを負担させられない。と言う考えも有るとは思うけれど、日本の山のため、環境のため、ひいては子供たちに残す環境のために少し余計にお金を出すのは生きたお金の使い道ではないかと思います。

では、地域の木を使うと、どんなメリットがあるかというと。
まず、地域の山に仕事が生まれます。伐採作業や林道整備などです。
山が整備されると、地域が活性化されます。皆が元気になると里山文化が継承されます。
そして伐採した後には新しい苗木が植えられます。若い苗木は沢山のCO2を吸収します。人の手が入り間伐ができると樹木が元気になり、しっかり根を張ると土砂崩れも減り、野生動物との棲み分けができるようになります。
また、輸送にかかる石油の無駄使いが減ると子供たちに地球資源が残せて、いいことずくめではないでしょうか。
これは子供たちに残せる現役世代の投資ではないでしょうか。
近くの木をできるだけ使いましょう。

結論:CO2(イニシャル)で考えたときには製造時木造はRCの480/700≒70%の排出量ですみ、多少エコといえるが、永いランニングを考えると断熱性能及び住み方で相殺されてしまう。
しかし、木材の成長過程でCo2を吸収し内部に固定化する量を考えなければいけない。

次回は木造の家一軒でどれほどのCO2が固定化されているのか検討してみようと思います。
注:(いつになるかわからないけど)


参考:ウッドマイルズ研究会
   http://www.nihon-kinoie.jp/
   「日本の木の家情報ナビ」

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 17:55:45 «Edit»
2011
02/18
Fri

Category:コラム

珪藻土は本当に安全な健康壁材料ですか? 


PC250853.jpg
珪藻土は本当に安全な健康壁材料ですか?

単細胞の植物性プランクトン、珪藻の化石です。
珪藻土の特徴
1. 火に大変強い土です。
(家の耐火性には関係ありません)

2. 木炭の5千から6千倍の超多孔・超微細構造を持つ軽い土です。

3. 旺盛な吸・放湿性(呼吸性)を持ちます

4. 消臭・結露防止・マイナスイオン効果等も語られています。

5. 珪藻土それ自体では固まらない。

それ自体では固まらないため、壁塗り材として機能させるため必ず添加物が入っています。
固化材として消石灰やセメント、色付けは一部を除き自然の土が使われているようです。
施工性を向上させるための増粘剤や糊が入っています。

下地材への長期的な接着安定性のための樹脂も入っています。
他にすさ、つのまた、メーカーによっては細骨材なども入っています。

樹脂が一切入っていない商品もあるようです。

成分表を公表しているのは調べた限りここだけのようです。
サメジマ
今後他社には成分表をお願いしてみようと思っています。

成分は主材に珪藻土、色付けに火山灰、色土、顔料、粘土
作業性向上に、軽量骨材、セルロースファイバー、メチルセルロース、糊などです。
このメーカーでは珪藻土の配合量も公表しており、珪藻土の配合割合と吸放湿性能が比例関係にあるのがよくわかる。

おそらく配合割合によってテクスチャーが変わり、施工性も変わると思われる。
ホームセンターなどで(誰でも手軽の塗れる)などの商品ではかなり施工性向上のための添加剤が加えられていると思われる。
この業界では糊の中身は多種多様であり、漢字ほど簡単なものではないのが常識。(私には十分難しいけれど)

また、旺盛な吸・放湿性(呼吸性)が健康壁材と言われる所以ではあるが、珪藻土の配合割合が公表されていない現状では実際どのくらいの性能があるのかユーザーにわからない。
わからないままに珪藻土の壁はいいですよ。
などと軽々しくは言えないのだ。

何故各メーカは長所のアピールだけでなく積極的にHP等で成分、組成を公表しないのだろうか。
しにくい事情でもあるのか疑ってしまう。

また、ほぼ全てのメーカーはF☆☆☆☆を取得しているようであるがゼロではないことに注意しなければならない。

いい素材なのだから納得して使いたいし、成分は知らなくてはならないのだ



クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:04:36 «Edit»
2011
02/17
Thu

Category:山と材木

花粉症の人は見ないでください! 


杉花粉2

花粉症の人はマスクを用意して見てください。
山の仲間が送ってくれました。
山のめぐみ
杉の伐採
燃えているわけではありません。
花粉です。
倒されるせつな、種の保存のために飛ばします!

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 17:33:44 «Edit»
2011
02/16
Wed

Category:日常

赤いチャンちゃんコにパンツ 


P2161239.jpg
今日は少しにぎやか
CADパースのアルバイトと付き添い犬
赤いチャンちゃんコにパンツ
通常のアルバイト料に+お肉の缶詰一缶を要求されています。

事務所はまるでドッグラン状態
まあめったに人の来ない事務所なのでいいけど。

クリックお願いします

テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 15:21:13 «Edit»
2011
02/15
Tue

Category:日常

埼玉にしては大雪です。 


P2151229.jpg
埼玉にしては大雪です。
5cmは積もりました。
白いはずのチルちゃんは雪の白さに負けてます。
機嫌がいいです。
だって犬だから。
P2151233.jpg
やつの足型

クリックお願いします

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:04:59 «Edit»
2011
02/14
Mon

Category:日常

立正大学熊谷キャンパス 


IMG_0633_20110214184145.jpg
立正大学熊谷キャンパス
有るのは知っていたけど初めて入った立正大、食堂は馬車道、建物もおしゃれで快適な設備
ベアリス30km・in熊谷・立正大
何のことは無い市民マラソン大会です。
でも30kmのマラソン大会なんてとっても珍しい。普通5.0kmか10kかハーフかフルですから。
5kmごとのペースも記録してくれる。スタッフも親切でトイレ渋滞も無くいい感じ。
フルマラソンに向けての練習のための大会と言う位置づけのようです。
計測ポイント スプリット ラップ (こんな速報がすぐに出るんです。感心です。)

5K 00:27:09        1km/5:25
10K 00:55:49 0:28:40    1km/5:44
15K 01:23:09 0:27:20    1km/5:28
20K 01:50:30 0:27:21    1km/5:29
25K 02:17:35 0:27:05    1km/5:25
Finish 02:40:16 0:22:41   1km/4:24

最近はあまり走っていないので最初はゆっくり行って後半ビルドUPで気持ちよく終わる予定
時計を忘れたので体内時計にペースを刻む
25kmまでイーブンペース我ながらかなり正確に刻めた。
予定通リラスト5kは1km60秒のペースUP
練習としては辛くても最初から30K完走できる限界のペースで行くべきでしょうね。
でも辛いのは嫌いなのです。

IMG_0634.jpg
ランニングセミナーもあり面白かったです。
有名なコーチの方のようでしたがあいにく私のはだれだかわりませんでした。
ビールが格別にうまかった。

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 15:53:28 «Edit»
2011
02/13
Sun

P2121220.jpg
MOZART K407
作品番号(K)について
ケッヘル:モーツアルトの作品番号であるのは知っていたけれど改めて調べてみると、
作品を時系列順に整理した番号でK1~K626まであり、626はレクイエムで途中で死亡したため未完とのこと。
Kの意味は、ケッヘルさんが1862年にモーツアルトの全作品目録を整理し時系列番号を付けたとのことである
以後新たな研究により時系列番号は順番が見直されたりしているようです。

おもちゃのように見える鉄琴はちゃんと調が変えることができます。
本格的なおもちゃで音もきれいです。ドイツ製とのこと

CDケースは建て主さんが持ってきた打ち合わせBGM
リコーダーのビバルディー
私が(ホルン)をかけたらやっぱりお持ちとのこと

CD入れの棚を造作工事で造るのだけれど、どのぐらいあるの?
との答えは、だいたい10M
それって縦に並べて?
帰って自分ちを見てみたら約4.5M
CDは枚数ではなくメーターであらわすのもわかりやすい。
だって10Mなら2mの棚が5枚あればいいわけだからね。

で譜面と鉄琴の下になってしまっているのが打ち合わせ用図面である。
どっちの話のウエイトが大きいか
一目瞭然

さて次回のBGMを考えなくては??バボラーク

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:50:55 «Edit»
2011
02/12
Sat

Category:蜜柑の木の家

お姉さんは大変ですね。 


P2121214.jpg
雪も大したことはなく一安心の土曜日

みんなそろって打ち合わせ
ワイワイキャーキャー
蜜柑の木の家
総勢10名
(個人のお家の設計打ち合わせでは過去最大人数!)

建て主ご夫婦+お子様2人+私+事務所のナザト君+コラボのMIE設計さん+MIEさんのちびっこ2人+工務店さん
ほぼ託児所状態
次回の打ち合わせまでにキッヅルーム増設予定を期待するみんなであった!
P2121216.jpg

ひとりお姉さんが入るとみんながまとまる。
お姉さんは大変ですね。
みんなをまとめてくれました。
ありがと!
MIE建築デザイン
盟章建設

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 18:36:21 «Edit»
2011
02/11
Fri

Category:ねこ

雪が降ってると抗議する。 


P2111210.jpg
次女に焼きたてのチョコレートケーキをご馳走になった。
外はカリカリ中はしっとりで美味しかった。
が、オヤジのために焼いたわけではないのは世の常識。
ご馳走様でした。
P2111212.jpg
吐き出し窓から外を眺め、雪が降ってるといって大きな声で抗議される。

次は玄関に行くだろうな、と思っていると
やっぱり玄関に向かい開けろという。
素直にあけてあげると,
こっちも雪が降ってるとやっぱり抗議される。
とても大きな声である。

朝から2度も飼い猫に抗議されいる。
それも特別大きな声で。

必ず2箇所の出入り口を確認しないと気がすまないナナコであった。

そして部屋が寒い!といってPCの上で足を温める。
P2111213.jpg

クリックお願いします

テーマ: 我が家の猫

ジャンル: ペット

tb: (0)     com: (0)
Posted on 15:55:43 «Edit»
2011
02/10
Thu

Category:日常

今年はなんと言っても10倍! 


杉花粉を静めるために日夜埼玉の杉を使った家づくりを推奨し、知り合った方の家を杉だらけにしているが、自分でも防御しなければならないのだ!
特に今年はなんと言っても10倍!
もう飛んでるし!
P2101202.jpg
レスプロ スポーツタ・マスク
(0.3ミクロンの花粉、浮遊微粒子、ほこりでも吸着する静電フィルター、排気専用バルブは激しい運動を行うサイクリストなど・・・・に特にお勧めいたします。)
フィルター交換は一日2時間使用で約一ヶ月
送料込みで約7000円
かなりお高いマスクです。
後日インプレ有り!
P2101203.jpg
やばいです!
ヘルメット+レスプロマスク+スポーツグラス=コンビニ、銀行→カラーボール→言い訳はきかない!
P2101206.jpg
鼻の穴に塗っておくだけでかなりの効果があるらしい。
これにも期待大!

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:27:05 «Edit»
2011
02/09
Wed

Category:雉やまの家

すぎだらの家 


P1301141.jpg
雉やま
杉すぎスギ
すぎだらの家(すぎだらけの省略形)
P1301138.jpg
外壁熱気を屋根面に逃がす
丸穴18mm
煙突効果に期待

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 12:04:53 «Edit»
2011
02/08
Tue

Category:NPO

どんどん焼くからお前が売れ!! 


P2081175.jpg
どんぐり山を守る会
http://www.11-12.co.jp/0200/0202.htm
の親父たちが焼いてる竹炭
山林整備で出る間伐材による竹炭
実は里山はどんどん孟宗竹に侵略されているんです。
http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/blog-entry-301.html
P2081174.jpg
測ってみるとこれで約100g(このぐらいは今までただであげていたそうです)
親父たちは間伐整備の飯代にでもなればいいから100g100円なら十分!
というけれど
ネットで見ると400円から600円が相場みたい。
親父たちは品質を気にしているけれど里山整備の間伐材の商品化
と考えれば品質を追求するものではないと思うし
まして営利ではないとすれば
300円!
高くないでしょう。
墨絵の挿絵と説明書で飾ってパッケージングで工夫すれば
飯代+作業後のお酒代も出るんじゃない。

どんどん焼くからお前が売れ!!と圧力をかけられている今日この頃
(まったく汗かくことしかしないんだから・・・・)

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 13:31:00 «Edit»
2011
02/07
Mon

Category:NPO

川上から川下までの 


梅で有名な越生町の梅林です。
まだまだつぼみは固いですね、すこーし咲いている枝もありました。
見ごろは今月下旬でしょう。
IMG_0633.jpg
2/6日曜日NPOめぐみ(間伐材有効利用)&NPOモクイエ(地域材による家造り)
合同会議、間伐材の商品化や地域材によるプロトタイプの住宅建設などなど
川上から川下までの連携を図る重要な会議でした。
IMG_0635.jpg
最近運動時間が足りない(過去の自分に対して)私は出来るだけ足で移動
朝:越生町下車~梅林視察~古寺などを巡りときがわまでジョギング1時間45分
適度なアップダウンで梅や蝋梅の香りが楽しませてくれます。
街と違ってジョガーはいませんね、美ジョガーもいませんが街の人は会釈すると皆さん挨拶してくれます、自転車乗りの人もですね。これは街中と決定的に違います。

夕:越生までジョギングのつもりが越生で待ち時間が長く、武州唐沢まで走ることに、しかーし
電車の方が一足早くまたまた待ち時間が長いので今度こそはと、東毛呂駅まで走ることに(薄着なので待っていると寒いのです)ちょうどの時間に電車が来てやれやれ。1時間30分
トータル3時間ぐらいは走れました。

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 20:40:37 «Edit»
2011
02/05
Sat

Category:御宿の家

勇姿! 


P2051171.jpg
出初式ではありません。
今後見れないから屋根のうえが見たいと足場のはしごで登った建て主さん
なかなか上がれない人が多いです。
少し足が震えてましたか?
手摺が無いと怖くて建てないですね。
屋根の次は海の写真も撮らなくちゃ。
青い空にグリーンのシートの構図も写真的に綺麗
今日は木工事の中間工程を3者で確認です。
P2051173.jpg
軒天井と内装でも使う杉板
加工場で仕上げていました。
みなさまおつかれさまでした。

クリックお願いします

テーマ: FC2トラックバックテーマ

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 17:17:55 «Edit»
2011
02/04
Fri

Category:建物

川越キリスト教会 


IMG_0631.jpg
昨日のりんごである。
綺麗に皮は残すのだ。
IMG_0623.jpg
川越キリスト教会
信号待ちで
川越教会は明治22年に元町1丁目の礼拝堂が建てられましたが、明治26年の川越大火で消失しています。
大正10年(1921)にこの場所、松江町に再建されました。
礼拝堂はチューダー様式で、煉瓦積みです。
設計:ウィリアム・ウイルソン
施工:清水組(現清水建設)
夏になるとツタに覆われほとんど煉瓦も見えないくらいになります。
2001年に国の登録有形文化財にも指定されています。
中に入る機会は今までありませんでしたが、今月の下旬には見学させていただく予定があります。
オルガンに興味があるので、パイプオルガンが見られるとうれしいです。
小ぶりのパイプオルガンで日本人のオルガン製作者によるものだそうです。
川越キリスト教会


クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:13:49 «Edit»
2011
02/03
Thu

IMG_0625.jpg
最近野鳥が沢山いらっしゃるので
期待を裏切ってはいけないと思うと毎日のことになってしまうし
それはそれで大変です。
次の朝にはほとんど皮だけ
ムクドリ・メジロ・ヤマガラ・スズメあとは名前がわかりません
大体皆さん夫婦で来るようで、片方が見張りで交代で食べます。
ムクドリ以外は自分の順番をちゃんと待っています。
ムクドリはぎゃーぎゃー周りを力ずくで追い払います。
可愛くないです。
IMG_0627.jpg
この両面まな板いくらなら買ってもいいと思いますか?(カンバツマナイタ)
1200円から1480円 1480円ならおまけが付かないと・・・
打ちあわせ後に市場調査に協力いただいたのは琴の家、現在基礎工事中

工期1ヶ月延長決定!
「伐採した材木が山から出せないから」今の時代にこんな理由をまともに話して理解されてしまうって・・・
言う方も言う方だけど聞く方も聞く方
こんな理由の工期延長も世の中にはあるんですよ!

1500円くらいで売れないかなと思っていたけど、ハードル高いかも・・・

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 19:26:22 «Edit»
2011
02/02
Wed

Category:ねこ

番猫 


P1301146.jpg
何度か登場している近所のチャッピー
この椅子はダイニングで昔使っていたものでナラ材である。
玄関の上がり框を低く造ってしまったため座って靴を履くのが面倒なのである。
私は玄関の外のこの椅子に座って靴を履く。
段差も時にはあったほう良い。
だから最近は玄関の框高さは30cmくらいあったほうが座れて楽ですよ。
と建て主さんには言っている。
チャッピーは番猫をしながらナナコを待っている。P1301149.jpg
その頃寒いのが嫌いなナナコは家の中で遊んでいるのであった。
P1301160.jpg
シャッタースピードが足りないのであった。
ゆっくりもう一回飛んで!!

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
Posted on 16:45:35 «Edit»
2011
02/01
Tue

Category:琴の家

美味しそうな土地 


P1010500.jpg
北本市で計画の土地を見てきました。
南北の道路に挟まれた三角の土地
三角の頂点の部分には実る木が沢山、みかんに栗に柿に枇杷
美味しそうな土地
果樹つきで土地購入とはいいですね。
だから残したいよね。栗は無理かな~みかんは残せる、柿も残るかな、枇杷も残せそうだけど
家にある樹木としては個人的に好きではない(あくまで個人的に、枇杷にうらみはありません)
交差点のアイポイントとして、目隠しとして、できるだけ残しましょう。
P1010511.jpg
帰りは基礎工事中の桶川琴の家基礎確認
型枠撤去中
アンカー精度が高いのに感心して一枚
アンカーが真っ直ぐでしょ!
普通?いやいや普通以上でs
玄関土間下の断熱材を忘れないように基礎屋さんに指示してきました。
上棟は2月中旬以降、これから構造材の加工にかかります。

クリックお願いします

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

tb: (0)     com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。