埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 17:32:47 «Edit»
2013
07/19
Fri

Category:B/strage

この手すり壁の素材は桧で、無塗装です。 


008_バルコニー_s

バルコニーの手すり

壁だけで中が全く見えないバルコニーは隠れることもできるので防犯的にはいいとは言えません。
少しだけ様子がわかるような感じがいいと思っています。

この手すり壁の素材は桧で、無塗装です。
無塗装の木部は紫外線により、リグニンという物質が分解され変色します。少しずつ色が失われ、グレーに近くなて行きます。
外部に使っても直接雨がかからなかったり、掛かってもすぐに乾燥する状態であれば木部も永く使えます。
ただ、建物本体の寿命よりは確実に短いため、交換できる準備は行うべきです。

このバルコニーの場合は横桟はバルコニーの内側から交換でき、親柱はそれぞれステンレスのボルト4本で固定されているだけなので同じくバルコニー上から交換出来ます。

親柱の下を斜めにカットしているのは、すっきり見せたいためももちろんありますが、木の小口(切断面)は水を吸い込みやすく、吸い込むと乾燥しにくく、黒い黴を呼ぶことが多いからです。
斜めにカットして鉋で仕上げることによりそれが防げます。

耐久性などの説明は丁寧に行いながら、使い方を工夫して木を外部にも使いたいと思っています。
やさしい雰囲気の家になりますよ。

工事は飯田建築さんでした

クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 地域の工房・構造見学  |  木の最大の弱点 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/1025-8058c54a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。