埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 17:53:28 «Edit»
2013
07/21
Sun

Category:設計仕事

地域の工房・構造見学 


P7207175-1_20130721173654.jpg
土曜日
秋に着工するお家の方々と地域の工房・工場見学を行いました。
まずは建具屋さんへおじゃまして、建具がつくられる工程などを見せてもらいました。
この建具屋さんは飯能にあり、西川材を中心に地域の材料で建具を造っています。
職人さんは15人ほどいるそうですので、地場の建具屋さんとしては規模の大きい方です。
オリジナルのキッチンなども製作しています。P7207171-1.jpg
次は木材の加工工場
フォレスト西川といって飯能の西川材を中心に構造材のプレカットをしています。
大工さんが1か月かかる手刻みを約1日で仕上げます。
工期の短縮を考えたときにプレカットは外せなくなってきていますが、今回予定の家もプレカットではできない部分もあります。
プレカットでは梁の上がり下がりや、丸太や太鼓の梁柱が対応できないので手刻みとの併用になります。

地域の材料を使うので加工や製作もできるだけ近くの加工所で作ります。
「作る過程を見せる」ということは普通の事のように感じますが、以外に出来ないことのようです。
何時も見せられるということは、常に片付いているとか、安全に配慮しているとか、ごまかしがないとか、見せてかえって不安を覚えるようでは意味が無いですからね。

また一つ家づくりの過程を勉強していただいた土曜の午後でした。

みなさまありがとうございました。

P7207178-1.jpg
クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 川島の家リフォーム工事始  |  この手すり壁の素材は桧で、無塗装です。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/1026-a10a6dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。