埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 15:37:39 «Edit»
2013
08/03
Sat

Category:設計仕事

一枚の板に見えますか? 


P8037224-1.jpg
一枚の板に見えますか?
木目を見れば気を知っている人ならわかりますが、一見すると一枚の板に見えますが、これは「剥ぎ合わせ」です。
幅の広い板材は高価です。
幅の広い板は太い木からしか取れません。60cmの幅の板が取れる木と30cmの板が取れる木では単純に倍の樹齢が必要になるので、幅が広いほど板は高価(希少価値)となります。
時に1.0m以上では杉でも200年からの樹齢になり、やたらに伐れるものではありません。

机やカウンターをつくるときには「剥ぎ合わせ」をしてもらいます。
少しは反るけど接着剤で固められた集成材よりは良いと考えています。

川島の家リフォームですが、今回の工務店さんは現場で剥ぎ合わせてしまいます。
普通は製材所なのに依頼しますが、割と「そういうこと」が好きなんですよね。

このずれているところで2枚なのがわかるかな?
うまくつなぐよね。
ご苦労様です。

P8037225-1.jpg

構造の補強はほぼ全て終わりました。
新築だと目立たないけど、リフォームだと新しい材料は目立ちます。
杉はきれいですね。
材料はときがわから
工務店は事務所の隣からです。

P8037221-1.jpg
埼玉に暮らすをテーマに家づくりをしています。
アーキクラフト

クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

« 大工さん最終日です。  |  Leaf House 構造計算 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/1034-ac78d148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。