埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:47:38 «Edit»
2013
10/01
Tue

Category:上戸新町の家

基礎の設定 


「いろはの家」
P1010104-1.jpg

基礎工事進行中
コンクリート工事の前に配筋検査を行いました。
設備配管廻りの補強を指示しました。

そのほかは良好きれいな基礎工事です。


基礎の設定
設定地盤支持力:20kn(実際には30~35あり)
建物総重量:714.9kn(9.8n=1kg)なので約71.5t
基礎重量と1階床重量はそれとは別に:742kn
基礎面積:93.92㎡

なので

714.9+742/93.92=15.51kn/㎡
これに任意な安全率を掛けます。
私は20%割り増しをします。
理由は地盤性状のばらつきを考慮したいのと、建物荷重性記載荷重の誤差、施工精度による誤差
なども考えたい。

なので15.51×1.2=18.61

これが単位面積当たりの地盤支持力以下であれば建物は沈まないことになります。

なので18.61<20knですから安全という計算です。

これは地盤に関しての検討で、このほかには建物荷重による基礎自体の検討や、地中梁(荷重の分散)についての検討も行い、それにより鉄筋の太さや本数が決まられます。

経験と勘だけでは意外に見落としがあります。
いつもこうだからという工事は意外な落とし穴があるものです。

P1010077-1.jpg

クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« ショツプデザインにも当然木を使います。  |  上棟予定日も決まりました。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/1070-b5f24757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。