埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:50:23 «Edit»
2014
01/10
Fri

Category:建物

廃屋の蔵 


IMG_1909-1_20140110193116a20.jpg
廃屋の蔵
下の扉を見ると引き戸で手の込んだつくり。
屋根の下にも天井を覆う泥屋根が見える本格的な土蔵

それほど古い蔵にも見えない。
昭和に入ってからの物ではないかと思う。上部の壁が崩れているのは地震で上部が大きく揺すられたためと考えられるが、それにしても損傷が激しい。
よく見ると
中央左と右端の壁は竹木舞が無い、泥壁の落下と一緒に折れてしまったのだと思うが、竹木舞の留めつけがしっかりしていなかったのではないだろうか。
下地が強固に留めつけられていればクラックが入っても落下まではしないのではないかと思われる。

それにしても水平に綺麗にはがれているのはなぜか。

真ん中右の竹木舞は残っているけど上部三角部分には竹が見えない。
もしかすると竹を接いでいた?
しかも同じ高さで。。。
だってそう簡単に竹は折れないだろう。

なんて考えていたけれど、お正月ジュギングの途中で薄着だったから寒くなり考えるのをやめました。
昨日の水路のお家です。


埼玉に住むがテーマです。
アーキクラフトアーキクラフト一級建築士事務所
お試しプラン作成行っています。お問い合わせください。
クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
問い合わせ:craft@hkg.odn.ne.jp
TEL:049-234-5312 代表:福田義房
スポンサーサイト

« Leaf House 川越 構造確認  |  素晴らしい土木技術に遭遇! »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/1119-28e2247d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。