埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:57:40 «Edit»
2010
09/09
Thu

Category:御宿の家

雉山の家 六価クロム溶出試験 


P1010124.jpg
六価クロム検出試験
土壌の地盤改良においてセメント系改良剤を使用すると土質によっては六価クロムが溶出する。
大規模土木工事の世界では事前サンプリング、改良材検討が行われているが、住宅レベルの改良では規制も無いため何も行われいないのが実情。
住宅メインの改良業者ではこの問題さえ知らないところも有り、まして工務店レベルで注意を払っているところはまづ無いのではないだろうか。
今回は工務店のもその知識が有り、私も初めてではあるが土壌サンプリング試験を検査機関に持ち込んだ。
検査結果は0.01mg/L未満
国土交通省の直轄事業の基準が0.05mg/L未満とのことで一安心。
火山灰系の土壌で溶出する場合が多いらしく、その場合は改良材を変えるか、改良方法を変える必要がある。
今後たづさわる現場ではすべて検査を行い安全を確認することとする。
国土交通省 技術調査

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

« 平成22年一級建築士試験(学科の試験)合格者(全国)5,814人  |  国立新美術館デビュー »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/184-5776c8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。