埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 10:34:58 «Edit»

お風呂場は嫌いなのに
PB210586.jpg
お風呂場は嫌いなのに水のたまった瓶の縁に乗るナナコ
ちょっと緊張している。
ちょっと得意顔
PB210588.jpg
瓶が置いてあるのは我が家のウッドデッキの上
かなり劣化してきたけれどまだまだ大丈夫
一般の人も、工務店の人も、ホームセンターのチラシでも
ウッドデッキや外部の木部には、保護用塗料を塗るのが当たり前のように言われるけれど
私はほったらかし

確かに多少は保護してくれるかもしれないけれど、持ちに大差は無い。
一度塗ると塗り続けないと汚い。
塗料メーカーのために塗る必要も無い。
昔は何も塗らなかった、塗っても柿渋とかの自然塗料ね。

安全をうたった自然塗料もあるけれど、はっきりと成分表示しているところは少ない。無い?
企業秘密か?
少なくとも乾燥後に木材の表面や内部に浸透して残存する本来の塗装目的である成分と、塗装後に乾燥していく溶剤および種々の添加物などが含まれている。

どこもこんなことが書いてあるのはお決まりの文句

(安全性に配慮した機能性
防虫・防腐・防カビ・防藻剤は、安全性と有効性を基準に配合しています。)などなど

木は屋外に有ると、紫外線により色素が破壊され、グレーに変色してきます。
保護塗料を塗ると木の色を保つようにも言われますが、あれは顔料で色をつけているだけです。
変色したっていいんじゃないんですか。
劣化具合も見えるし。
そろそろ換えどきかなとか判るし。
カタツムリも安心して這ってもらえるし。
カタツムリやナメクジの健康を考えたら塗ってはいけないのです!!

PB210589.jpg

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

« こんな感じになりました。  |  頭がの毛が寂しくなってしまいました。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/237-9233467f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。