埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:51:10 «Edit»
2010
11/30
Tue

Category:雉やまの家

コンクリートは固まるときの多くの熱を出します。 


雉やまです。
基礎の土間コンクリートが打ち終わりました。
PB300689.jpg
コンクリートは固まるときの多くの熱を出します。
水和反応による熱だと思います。
水和反応によって打設後28日で最終強度の約80%に達します。
続にコンクリート業界では4週強度ともいい、実際に設定した強度がえられているかはこの時点でサンプリングしたものを破壊試験にかけて調べます。
通常私の事務所では。24N/mm2と指定し、気温によって温度補正を加えています。
一般的には21Nが普通か?
18Nのところもあると聞くけれどどうなのだろうか、当然強度が上がれば金額は高くなる。

一般的に30年の耐久性のための耐久設計強度は18N/mm2
65年以上の耐久性のための耐久設計強度は24N/mm2と言われています。

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

« まさに地鎮祭日和!  |  キコリとも会ってもらおう。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/247-a0604b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。