埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:59:29 «Edit»
2010
12/13
Mon

Category:琴の家

今回の許認可の項目 


PC130776.jpg
琴の家許認可業務完了
今回の許認可は予定していたよりもかなり手続きが多く、時間もかかってしまいました。

ひとつの例として今回の許認可の項目をあげて見ます。
許認可は土地の条件や、認定などによってそれぞれ変わります。

時系列であげてみます。
1:農地転用(農地に家は造れませんので、農地法に則って農地から宅地への転用許可を取得します)
  窓口:農業委員会
2:埋蔵文化財取り扱い回答(埋蔵文化財が埋まっている可能性がある地区なので協議をし、処置を決めます)
  窓口:教育委員会
3:土地区画整理法76条許可(行政による土地区画整理地ですと都市計画法の許可が必要です)
  窓口:土地区画整理課
4:地区計画(環境を維持するために建物や外構に規制があります)
  窓口:都市計画課
ここまで終わればやっと確認申請が提出できます。
5:建築確認許可(建築基準法に基づき許可を取得します)
  窓口:建築指導課(民間検査機関)
6:長期優良住宅(長期に渡り使用できる住宅である旨の証明)
  窓口:民間検査機関~行政
7:フラット35(一定基準以上の住宅である証明)
  窓口:民間検査機関

今回はこれだけ条件によってはまだまだ許認可はあります。
行政の窓口の数だけ許認可業務はあるんです、彼らも自分たちの仕事を造らないいけませんからね。
お疲れさまです。

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

« 現地にてストーブ屋さんと工務店さんと打合せ  |  事務所の入り口付近は、冬になると寂しくなる »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/260-da8fa6e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。