埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:56:21 «Edit»
2011
01/15
Sat

Category:雉やまの家

土台周りの柿渋塗り 


P1151016.jpg

土台周りの柿渋塗り
普通この光景の解釈の仕方としては、職人さんが柿渋を塗って建て主さんがそれを見ている。
まあ普通はそのような関係ですが、この場合は逆です。
大工さんの床貼りに追われながら建て主さんが柿渋塗り
独特の銀杏のような香りが現場に立ち込めています。
P1151020.jpg
電気工事のジョイント保護カバーです。
仮留めの段階ですが、普通電気配線は天井裏を通し壁を上から下ろして配線しますので、保護カバーも天井上になりますが、この家は天井上の空間が無いので配線は全て床下となります。
この土地は高台で冠水の恐れがまったく無いので良いのですが、低地の建設の場合はまた違った配慮が必要です。
普通電気屋さんは天井上にもぐるもんですが、この家は床下のもぐります。
床下からの配線は電気屋さんは苦労しますが、点検口さえ適切にあれば天井上配線よりメンテナンス性は良いのではないかと思います。

クリックお願いします


スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

« 抗生物質入りの目薬が処方されました。  |  仕事してるより疲れる。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/288-1ed15752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。