埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 22:17:10 «Edit»
2011
01/17
Mon

Category:設計仕事

というわけで雉やまに続き、御宿でも断熱変更 


20110107161903_00001[1]
断熱材不足
あちらもこちらも
うちの事務所で指定する定番は
屋根は小屋裏が無いことが多いので性能重視でフェノールフォーム
壁と床の人間の体に近い部分は羊毛断熱、呼吸するので木造には最適だと思っている。
羊毛断熱2ヶ月待ち???
参りました。
次なる手段は、ウッドファイバーLD
輸入原料の羊毛に比べマイレージは北海道なので有利です。
性能は羊毛とほぼ同一
両方とも吸湿し、放出もするので壁内結露しにくい
木質繊維系では秋田杉のフォレストボードがある。
フォレストボードは杉皮をコーンスターチで固めたものでほかに何も入っていない、究極の自然素材断熱
でもね
断熱性能が低いんです。
要求にかなわない。
ウッドファイバーは間伐財原料の他にオレフィン系繊維(石油由来)が10%ほど含まれる。
また、難燃処理されているので恐らくホウ酸が使われていると思う。
ホウ酸は羊毛でも使われている。
商品として成立させるには多角的な性能が必要なようです。
というわけで雉やまに続き、御宿でも断熱変更
commodity_pic01[1]


クリックお願いします
ウッドファイバー
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

« ウッドファイバーLD雉やま現場に入りました。  |  抗生物質入りの目薬が処方されました。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/290-8e252909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。