埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 15:53:28 «Edit»
2011
02/13
Sun

P2121220.jpg
MOZART K407
作品番号(K)について
ケッヘル:モーツアルトの作品番号であるのは知っていたけれど改めて調べてみると、
作品を時系列順に整理した番号でK1~K626まであり、626はレクイエムで途中で死亡したため未完とのこと。
Kの意味は、ケッヘルさんが1862年にモーツアルトの全作品目録を整理し時系列番号を付けたとのことである
以後新たな研究により時系列番号は順番が見直されたりしているようです。

おもちゃのように見える鉄琴はちゃんと調が変えることができます。
本格的なおもちゃで音もきれいです。ドイツ製とのこと

CDケースは建て主さんが持ってきた打ち合わせBGM
リコーダーのビバルディー
私が(ホルン)をかけたらやっぱりお持ちとのこと

CD入れの棚を造作工事で造るのだけれど、どのぐらいあるの?
との答えは、だいたい10M
それって縦に並べて?
帰って自分ちを見てみたら約4.5M
CDは枚数ではなくメーターであらわすのもわかりやすい。
だって10Mなら2mの棚が5枚あればいいわけだからね。

で譜面と鉄琴の下になってしまっているのが打ち合わせ用図面である。
どっちの話のウエイトが大きいか
一目瞭然

さて次回のBGMを考えなくては??バボラーク

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

« 立正大学熊谷キャンパス  |  お姉さんは大変ですね。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/313-55f5c0eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。