埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:54:15 «Edit»
2011
02/26
Sat

Category:未分類

一番奥は積み木担当君 


P2261479.jpg
雉山現場打合せ
手前から電気屋さん 奥が棟梁の吉田さん 右が大工の新井君 一番奥は積み木担当君
みんなで日向ぼっこしながら打合せ。
みんな春の空気を吸いながら気持ちがよさそう
どうやら花粉症は私だけ!

造作家具関係と電気配線
作業性と納まりと意匠性とコストと使いやすさを短時間で判断し決定する。
立場は違えど基本的な方向性は確認できているので話は早い。
外壁の色も決まりました。
土色です。地面の土の色をそのまま明るくした感じ。
P2261482.jpg
午後からは三橋の家打合せ
LYRA(ドイツ)の色鉛筆
建て主さんにお借りして、これでパースに色付けをする約束
発色がよく、重ね塗りをしてもあまり色がにじみそうに無い。
文房具マニアとしては最高のおもちゃをお借りした。
普段はカランダッシュ(色が混ざりやすいタイプ)や、もろに混ざる水溶性を使っているので違った感覚で楽しめそう。
これはこれでいい味が出そうです。
太い芯は太めで三角の木製の柄に包まれている。
小さい子から誰にでも使いやすく持ちやすく考えられている。

LYRAもカランダッシュもドイツ製
日本とドイツ以上の筆記具を生産する国をしらない。

ly-sub001[1]


クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

« 高いマスクも外さないわけにはいかないし  |  登り梁が空に向かっています。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/325-66cf9706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。