埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 11:48:59 «Edit»
2011
03/10
Thu

Category:琴の家

「綺麗になってきたね!」 


P1010525.jpg
琴の家
上の写真は切り妻屋根の頂点のところを内部から(棟木周り)
屋根下地(野地板)の構造用合板が見えています。
構造用合板9mmを構造専用釘N75でピッチ150で固定し、水平剛性1.37KN/mを確保した上で、火打梁の本数で屋根剛性を調整。
野地板を直接支えているのは垂木の呼ばれる部材ですが、棟木と平行に入っています。
普通直行に入るものですが、
あ。え。て。平行
その為に棟木に向かって斜めに梁が入っています。
なんでといわれれば・・・
理屈はいろいろ語れるけれど

一言で言えば好み
好みで手間かけさせられちゃたまらん!と言われそうだけど

私はスッキリしている女性の方が好きなわけで、
どちらかと言えば細身の片の方が好きなわけで、

図面を描きながら
「綺麗になってきたね!」
などと言っているのであった。

加納姉妹のように濃い目の方が好きな方は私では物足りないと思いますし、頼まれた私も不幸です。

趣味で仕事していてごめんなさい。
でもそれはそれで苦労もあるわけで・・・・・
P1010531.jpg
同じところを外から
金物は耐風用の金物、全箇所固定です。

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 凄い地震  |  そうだったのか~なんとなくなっとく。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/335-a2e89eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。