埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 15:06:42 «Edit»
2011
03/16
Wed

Category:自転車とか

「6.3mの呪縛」マイノリティーリポート2 


P3161819.jpg
東武東上線も朝一本動いただけで終日OFFのようです。
ナザト君もふじみ野市から自転車通勤彼のバイクはコルナゴフラットバー改
うちの女房も川越市内の会社まで昨日からGIOSで自転車通勤してます。
今日は最速タイム31分を叩き出したと言うメールが来ました。
川越市内も計画停電で一部電気が止まり、交差点事故が何件か起こったようです。
しばらく我慢が続きます。
が、経済活動も大切です。復興のためにも仕事をしましょう。

さてマイノリティーレポートのつづきです。
これをまとめてしまわないと落ち着かない。

タイトル:「6.3mの呪縛」

何とか発進の儀式を終えフラフラしながらも離陸した私の前に待ち構えるのは・・・
交差点
信号の無い交差点であるが結構車が来るので一時停止したいところである。
なんと不幸な、またあの儀式を繰り返さなければならないとは。
しかしこのとき私は発進にばかり気をとられ、その前に横たわる最大にして最高の苦悩に気が付いていないのであった。
そのときはまもなくやってきた。
停車
着陸である。
(ここで基本的なデータを確認しておこう
この自転車のギヤは前48 リア16 48/16=3.0と言うギヤ比になっている。これはクランクが一回転すると後輪が3回転することを意味する。
タイヤは700Cで外周が約2.1mあるのでクランク一回転で
48/16×2.1m=6.3m進むことになる。余談だけれど120回転で45km/h出る計算である。)

普通停車するには右ペダルが一番下に来たあたりでペダルを止め、そのまま滑走しながら左足のクリートを外し、停車しやすい任意の場所を設定し左足を着くというのが長年培われた習慣で改めて整理するのも難しいほどの日常所作である。
しかし、いとしい私のペダルは止まることを知らないのだから大変である。
この日常所作が通用しないのだ!
この日常所作に正直に止まろうとすると・・・
そのタイミングが来るのは右クランクが一番下の来るときだけ!
それはつまり基本データで確認したように6.3mに一回しかやってきてはくれない。
6.0m道路ではタッチダウンに失敗すると道路の向こうまで行ってしまう。
4.0m道路のT字路では金子さん家のブロック塀に激突である。
いかに止まることを考えていない自転車であるかを身をもって体験したのであった。
もちろん前後ともシマノのブレーキ(アルテグラ)は装備しているが、ブレーキで止まれるのと足が着くのはまた別の次元の問題なのである。

(普通の自転車に乗っている方には何の話だかさっぱり判らないと思いますが、これはマイノリティーレポートなのでご容赦ください。)

などと言うことを交差点に差し掛かる一瞬の間に考え、そして私はとにかくクランクの位置が何処であろうと左足のクリートを強引に外し、
何とか
「6.3mの呪縛」
から逃れたのであった。
(日常性が崩壊した瞬間である)
止まることがこんなに苦痛だとは・・・
が、会社までの道のりには更なる苦悩が待ち構えているのであった。
つづく
ってまだ続くのかよ!

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« システムキッチンとは  |  マイノリティーリポート »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/341-98367b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。