埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 15:59:28 «Edit»
2010
01/15
Fri

Category:未分類

赤羽の家イメージ 


赤羽-2


杢の家をつくる会の仲間の工務店との共同作業
赤羽の住宅地
≒70㎡の敷地に条件は準防火地域、ケンペイ60% 容積150% 2種高度地区
ガンジガラメの器の中にどれだけオーナーの希望が詰め込めて、なおかつ造る側のオリジナリティーが現せるのか。

3F建てのプロポーションは難しくいつも悩む所だけれど、
特に屋上を使う場合は単純に3Fの壁を立ち上げて手摺とした時に、3F窓上のオデコ(壁)が広すぎて間が抜けてしまう。
今回は屋上を少し引っ込めて屋根を出すことによりバランスを整えてみた。
造り手からすればそのまま壁で立ち上がった方が楽には違いないけれど、造り安さを優先してばかりはいられない。

構造的にもこのようなビルトインカーポートを持つ3F建ての場合、道路側の構造壁が不足しがちであり、建物に捩れが生じやすいと言う欠点がある。
今回はカーポートの開口部に門方フレームを使い、捩れを抑えてみようと考えている。
通常このような間取りでは耐震性能が上げられない。
壁量が足りても、捩れが補正できないのだ。
門方フレームが捩れに対してどの程度有効か計算が楽しみだ。
長期優良等級2まで持っていってみたいところだけれど何処までいけるかな。
J-耐震開口フレーム

ブログランキングです。

TREview
スポンサーサイト

テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

« 柱梁に使う構造材  |  国産材が普及しすぎると誰か困るのかな? »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/36-980cbeda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。