埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 20:03:16 «Edit»
2011
04/12
Tue

Category:設計仕事

主成分:消石灰・酸化チタン とあるだけ。 


P4072007.jpg
しっくのん
ローラーでもコテでも塗れる大変便利な既調合しっくい

主成分:消石灰・酸化チタン とあるだけ。

うーん何で全部書かないのかな~
たぶんに同業他社を意識して法律で定められた最低限のことだけ書いてある。(何処も同じ)
で、問い合わせ!
混合割合はいいですから成分公表をお願い!
回答ありました。:(「しっくのん」の成分についてですが、主原料は消石灰と水です。
あとは、炭酸カルシウム(大理石の粉)、酸化チタン(光触媒の効果と隠ぺい性を上げるため)、
メトローズ(糊剤)、ポリビニールアルコール(接着剤で切手ののりとして使われています)、
減水剤(塗りやすくするため)、消泡剤(塗った時の気泡をなくすため)です。

(福田様もお書きのように、酢ビやアクリル系の樹脂は接着性が高く、弾力性もありますが、
「しっくのん」にはポリビニールアルコールが極少量しか入っておりません。
ですので、臭気の強い他メーカーさんの樹脂入りのものより弾力性に欠けますので、
下地のちょっとした動きでジョイント部にクラックが入る場合があります。)

と言うことである。
ちょっと意地悪なので施工性をよくするために酢酸ビニール系の樹脂を入れてるんじゃないの?
と問い合わせたらそれは使っていないとのこと。
酸化チタンも炭酸カルシウムも鉱物
メトローズはパルプ原料の糊
ポリビニールアルコールと減水剤、消泡剤が気になるところではある。

施工性を上げる為と漆喰本来の良さを出すためとギリギリのところで調合しているのがわかる。
漆喰企業としての良心が感じられる。
もともとの日本で本漆喰と言われるものは、海藻糊、麻すさ、消石灰である。
できる事であれば化学的に心配の無い本漆喰を使いたいところ。
でも常にベストを求めることが正解ではないと思っていますし、漆喰本来の機能が手軽に手に入るのであれば
しばらくコレを使ってみます。
もちろん本物も使います。
が、
時間がかかる(もろもろ)=費用がかかる
という障害が乗り越えられれば・・・
P4082036.jpg

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 復興の一助となれれば・・・  |  「猫も外で人と遊びたい」 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/368-4f3c7130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。