埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:50:06 «Edit»
2011
05/24
Tue

Category:琴の家

姿見の納め方 


P5242513.jpg
姿見の納め方
床は那智石の洗い出し
壁は漆喰
天井は土佐和紙
下駄箱は玄関収納をかねて造作(左の棚が見えるところ)

姿見はH=1600mm W=360mm
玄関に姿見は便利、確かにほしいところである。

単純に壁に付ければ姿見としての用は足りるけれど、唐突であり、少し乱暴に過ぎる。
素材自体が周囲と馴染まないので鏡が主張しすぎる。
少し隠れたところにつけるのであればそれもいいけれど、このような場合はそうはいかない。

(私がそう思っているだけなので、そう思わない人は気にしないでね)

解決策としては壁と鏡の間に(視覚的に)緩衝材としての板を持ってくる。
また、タテ枠やヨコ枠を入れるなどして、鏡の落ち着く場所を確保してあげる。

板を持ってくるとハンガーフックを掛けて、帽子掛けにしたり違う意味でも使える。
場所をお借りしてセミナーやります。


クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 玄関土間に埋め込む作戦のB玉  |  モクイエプロジェクト始動! »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/403-20d01f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。