埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 16:47:07 «Edit»
2011
08/08
Mon

P8053091_20110808163548.jpg
山崎茶苑がまだ続きます。
店蔵の換気窓です。
頑丈な鉄の格子がしっかりと黒漆喰に埋め込まれています。
更にその内側にもありここから進入することはあきらめた方がいいです。

ここでなにか気が付きませんか?

壁厚約40cmに二枚の鉄格子、極め付けに重そうなこの扉?
すっかり開いていますが
中から開けられますか?
内側の真ん中に取ってはありますが・・・・
仮に開けられたとしても、閉めることが出来ますか・・・

そうなんです。
蔵の換気窓は中からは開けられないんですね。
全て外からです。
火事のときは屋根に上って外から閉めます。
写真には写りませんでしたがそのための足場が扉の前には付いています。
このタイプの蔵はみなそうなので、今度注意してみてみて。
あっ!なるほど、と誰でもわかります。

この蔵凄いのは軒裏も銅版で巻いてるんですよね。
徹底的な防火対策

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« アーキクラフトの宣伝でした。  |  戦うのみ!です。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/462-5eb8f229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。