埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:10:11 «Edit»
2011
08/10
Wed

Category:三橋の家

アーキクラフトの宣伝でした。 


P1010013_20110809171416.jpg
ものすごく暑い火曜日に基礎コンクリート施工しました。
アンカーは図面では73本ですが、確認に行った所員の名里の判断でスパンが飛んでいるところと、後から柱を追加したところの根元に追加してもらいました。
現場でのリアルな判断は必要です。また、それにすぐに答えてくれる施工者もありがたいです。
ホールダウンは13本確認しました。

P1010010_20110809171430.jpg

出荷証明です。
現場名、出荷時間、到着時間、強度、配合、数量が確認でき、プラントのデータとの照合もできます。
コンクリート強度、配合などはあらかじめ指定してあるので、間違いがないかどうか確認できます。

発注者(建て主さん)は施工者に出荷証明の提出を求めることができます。
と言ったところで、そんなことふつう知らないですよね。
だいたい自分の家のコンクリート強度なんて興味ないですよね。
でも実は大事なこと
言ってみましょう!出荷証明をくださいと。
出せないと言われたら要注意ですね。
もっとも出されたところで、数字の意味がわからなければただの伝票ですが。

というわけで!
そのような心配がないように監理者を入れましょう、というアーキクラフトの宣伝でした。

強度は30nJASS耐久目安ではおよそ100年 ふつうは21~24Nでしょう。住宅で30はまだ少数です。
24nで耐久目安65年 21では45年
スランプは15で堅めもコンクリートです。

クリックお願いします


スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 屋根とは壁とはそんなもの  |  蔵の換気窓は中からは開けられないんですね。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/464-3ad356ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。