埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:32:15 «Edit»
2011
08/16
Tue

Category:撒きストーブ

薪ストーブの楽しみ方 


リビングto土間_w5
 Vermont Castings アメリカ北東部バーモンド州カナダ国境に近い雪国
創業当時からのクラシカルなデザインを継承している。
建物によっては違和感があるかもしれない。
モダンなデザインを求めるのであれば、北欧メーカーのほうが今的なものを作っている。
ヨツール(ノルウェイ)とかね。
ホームセンターのものはだめだよ。
家の中におくのは危険すぎるし、自分の熱で変形しちゃう、効率が悪いので煙が出て燻されちゃうし。
いいストーブは少ない薪で長時間燃焼して、煙が出ない。

燃料としての効率を考える。
30坪程度の家なら直径約40cmで長さ30cmほどの薪があれば午後から寝るまで暖かく、朝方もほのかに暖かい。
薪は慣れた人なら40cm×30cmを割るのに1個2分ぐらいでしょうか。
つまり一日2分の作業で半日分の燃料が足りる。
半日燃焼でいいならば、14分の労力で一週間分の燃料が作れることになる。
もっとも40cm×30cmを調達しなければいけないけどね。
冬に備えて秋口から薪を調達する。
趣味として捉えて山歩きが好きになればたやすいです。
NPO山のめぐみでも薪の玉切りから薪割り運搬までやってるよ。一冬分まとめて運ぶよ。
最後の薪割りは楽しんで自分でやるのがお勧め!
山には間伐されて放置された広葉樹が沢山あるんだ。
資源なのにね。

道具が好きな人はかっこいい斧を買ったりして、あるんですよスウェーデンとかに斧といえばこれだろ!みたいな名品がね。

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

« 生き節 死に節 と 商品価値  |  写真屋さんの仕事 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/469-07cc659b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。