埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:58:52 «Edit»
2011
09/01
Thu

Category:三橋の家

細かいディティールの積み重ね 


20110901_152732.jpg
さいたま市 木玩の家
大工さんとの打ち合わせで現場へ
台風が心配ですね、まだ囲まれていないので、この段階では屋根の吹き上げが怖いです。

打ち合わせは、写真の屋根周りのこと
アプローチから玄関に至る部分の下屋根です。
1階と2階の壁面が同じ場合普通の考えでは深い屋根は出せません。
一寸した工夫によりこの屋根は1200ほど建物から出ています。

垂木寸法は、45mm×150mmそのままだと、
見た目がごつ過ぎるので先端部はテーパー状にカットしてもらっています。
必要な部分は太くしっかり、でも見える部分は細めに押さえて、
あまりがんばっている風に見られたくない、
と言うのと、不必要な部分で重くしたくないと言う感覚です。
その分手間が掛り、施工費に跳ね返ってくるのでバランスは難しいです。

結果どうなるのか?
そうする価値があるのか?
などを常に考えます。
ただ、細かいディティールの積み重ね、整合性によって建物の品格って出てくるものだと思っています。
もちろんを既製品を使うのであればそのようなことを配慮する隙間はありません。
幸いにも理解のある建て主にめぐり合うことで、このようなことが出来るのです。
であれば、それに答えねばならないのが我々の仕事なのです。


20110901_145550.jpg

工務店盟章建設のエース吉田大工


クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 大工工事は終盤に差し掛かっています。  |  カンバツプロダクツ商品化 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/488-f9d98a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。