埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:01:26 «Edit»
2011
09/06
Tue

Category:素材

呼吸する断熱材 


P1241103_20110906184724.jpg
去年から採用している植物性断熱材「ウッドファイバー

事務所でメーカー打ち合わせ
テーマは長い間に自重で下がってくる可能性があるか?
GWなどに比べ比重も重く、防音性能も期待できるが、自重があるので少し心配である。
GWなどは自立できないので、最初からビニールに入り、留めつけるようになっている。

メーカーでも耐久性(下がるかなども含め)検証しているが20年後30年後の状態は、実績と言う面では無い。
まだ、3年目の商品である。
1.0cm程度大きめにカットしてテンションを利かせた状態で入れ込めば、落ちることは無いとのこと。
でも甘く入れると自重で下がる可能性がある。
壁の上で隙間が開くということである。
20年・30年後でも適切な施工で下がっていた場合は、メーカーとして保証しますとのこと、
まあその時保証と言われても困るけど
いずれにしろ適切な施工を工務店にはお願いするとともに、こちらがよく見るしかない。
どんな材料でも同じだけれど。

木材とも相性がよく、呼吸する断熱材としてこれからも使っていきたいので、癖をよく理解しておく必要もあるのです。

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« MIE建築デザイン  |  鮭の遡上のよう »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/492-8d726144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。