埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:06:41 «Edit»
2011
10/06
Thu

Category:B/strage

おっと、建て主さんには相談しないと。 


PA063468.jpg
B/Strage
きのうと同じ1/100模型
屋根の違いで印象が違いますね。
一番自然環境に対して理にかなった屋根の掛け方は、関東の場合は南北に切り妻であると考えています。
思い出してみると関東の古い農家はみんなそうでしょ。
ただその前提になるのは、建物が南北方向より東西方向が長くなければいけません。
そのような間取りになるためには、まず敷地が間取りに制約を及ぼさないほど広いか、東西に長い敷地で無ければなりません。
一般的に土地を商品として考えるとき、利益が大きいのは、南北に長く、東西に短く切ることなのです。
南道路の敷地が増えますから。
となると、なかなか理想的な間取りや、屋根の型は求めにくくなります。
でもね、そこは工夫次第で、やりくりできます。
今回も敷地も南北が長く、建物も南北に長いです。
南北に長い建物なので南北切妻だと、西日が当たる面が大きくなり、熱的に不利ですが、大きな庇と、小屋裏から北へ風が抜ける通風用開口部を考えています。

下は同じ建物の東西切り妻バージョン
モデリングの結果上の形にしようと考えています。
おっと、建て主さんには相談しないと。
PA063472.jpg

クリックお願いします




スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 木製雨戸戸箱  |  スタディー模型とは、 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/516-645b1122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。