埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 16:22:46 «Edit»
2011
11/30
Wed

風が吹いていなくても気流は起こせる!

イラスト4-1
38度とかになってしまうことがある、埼玉の夏の無風の日でもある程度の気流は工夫により作り出せます。

温度差を利用しよう!

屋外に風が吹いていないとき、また、間取りによって、建物の大きさによって、通風上最適な、南と北の窓の組み合わせができないときがあります。
そんなときには温度差を利用して気流を作ります。

「重力換気」 とも言います。

重力換気のポイントは北面で高低差のある窓配置です。

北側上部に排気用窓を取り、同じ面で(階段・吹き抜けなど)できるだけ下(床面)に給気用の窓を取ります。
この窓の配置で起こる気流は、外が無風のときに有効に働きます。
屋外の風速が1.5m/s以下のときに実力を発揮するのです、これ以上の風速では、南からの通風に負けてしまいます。

窓の場所は(下窓)できるだけ建物周辺の日陰になる部分(できるだけ温度が低い部分)に設け、上の窓はできるだけ高い場所(温度も高い場所)に設けることにより、温度差・重力により気流が生まれます。

次は埼玉に暮らす。6「埼玉でも全て同じ環境じゃないよね」ということにつづく!

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 埼玉に暮らす。6「埼玉でも全て同じ環境じゃないよね」  |  埼玉に暮らす。 4   風を抜こう!  »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/561-f3d53916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。