埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:50:42 «Edit»
2012
02/15
Wed

Category:設計仕事

キッチンを作っちゃおう3 


キッチンを作っちゃおう3

その④
引き出し・キャスター収納
収納部は現場で作る場合は、メーカーのシステムキッチンのような自動で閉まるとか、細かい収納設備や、引き出しトレーなどを望む必要は無いと思います。
あくまで、シンプルに拘わるべきものだと思っています。
お仕着せのサービスではなく、使いこなしてこその造作キッチンであると思います。
そのほうが断然安いし。

値段だいたい設備も含んで35万円ぐらいから造作できます。
箱本体や引き出し部分は、杉の剥ぎ合わせ板で、引き出しなど収納部にこだわらなければだいたいそんなものです。
図面を作って機材を決めたら見積りして調整です。
メーカーのシステムキツチンに比べて高くは無いですよ、思い入れもあるし永く使ってもらえると思います。

その⑤
そもそもの成り立ち
高度成長期、昭和60年代にシステムキッチンは誕生しました。
目的は合理化です。
ハウスメーカーや、住宅都市整備公団の発足に期を同じくしています。
つまり現場作業の合理化のために生み出された部品であり、使う側に立って考案されたものではありません。
現に今でも、リーズナブルと言われるメーカーのキッチンは、規格品であり、コンロや色は選べるけれど、使い勝手に関わる部分は、(シンクの位置や、調理台の巾など)まったく変更できません。
扉なども見かけは綺麗ですが構造は、永く使えるものではありません。
石油由来の材料で練り固められています。食品や食器を収納する環境ではないと思われる方、どうですか、キチンを作ってみませんか?

キッチンを作っちゃおう・・・完

P3121765.jpg
ステンレスの加工済み天板が搬入されて来た様子。
ちゃんと浄水器用取り付け穴も加工されています。
コンロと壁の隙間は、キャスター付きの収納で、一升瓶やお盆などがしまえます。
P4272269-1_20120215183434.jpg

P4272270-1.jpg

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 傷の直し方・・・その①  |  キッチンを作っちゃおう 2 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/619-8eae08b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。