埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 20:09:37 «Edit»
2012
04/18
Wed

Category:建物

虫子窓の続きです。 


IMG_1111-1.jpg
虫子窓の続きです。
こちらはかなり細かい虫子
桟は5分(15mm)くらいでしょうか、障子の桟よりは太いけれど、隙間も5分ぐらいなので、少しでも斜め方向から見ると、桟しか見えません。
部屋の中が暗くなりますね。
だから窓は大きいです。
2階にまで虫子が必要なのかどうか疑問に思うところですが、見方によればかなり意匠性が高ですね。
最近の住宅でもアルミで格子などをよく見かけますが、デザインの細やかさからみてもこちらの意匠性が高いです。
この建物が私の住むこの辺の住宅地に建っていたらかなり目を引くデザインだと思いますが、この場所にある限りは風景の一部であるということが凄い
これこそが地域の文化でしょう。

P4154399-1.jpg

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« だからこの高さの窓は座敷文化の現れ  |  妻籠の虫子窓 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/664-7be63eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。