埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:02:31 «Edit»
2012
06/19
Tue

doc20120619113838_001_20120619184101.jpg
ある窯業系のメーカーの研究室と打ち合わせ
窯業系メーカーとは外壁材のサイディングやキッチンのパネル、工場用の屋根(スレート)などをつくっている
会社です。
オブザーバーとして住宅用の建材として使える(需要があるか)可能性があるかどうかの意見を求められています。
自然素材とアレルギーに配慮した住宅の設計が多いと言うことで声が掛りました。
興味もあるので加わることにしました。

物はボードです、用途としては壁下地や屋根の下地として使います。
イメージとしては最近よく使われるキッチンパネルのようなものです。
原料は、セメント+パルプ+ビニロン(石油系の繊維)が数パーセント
それにある原料を加えて放射能を遮蔽する性能を付加させると言うものです。
日本アイソトープ協会でのサンプル試験データが出てきました。

ある物質を含ませる料によって遮蔽効果が変わることが裏付けられ、また厚さによっても効果が変わります。
放射栓の遮蔽では鉛が有効ですが、有害ですから住宅に使うわけにはいきません、この物質は鉛ほどの遮蔽効果はありませんが、人体に入れても健康上影響が無いことが証明されているものです。

いいアイディアだとは思うけれど、当然のことに費用対効果
関東近郊では現状が人体に影響が無いレベルの放射線量、と言われていますからね。
さらに安全を求めるという人がどれだけいるのか、その効果が具体的に示せるのか。
開口部がある住宅と言う条件の中で果たしてその効果は?
など検証することがたくさんありそうですね。

ある物質のみ伏せて公開は了解をもらっています。
ある物質も放射線関係の仕事をされている方なら極一般的なものなので、公開されてもかまわないようなものですが、一応ということなので黒塗りしました。
クリックお願いします

スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« まるで世間的には取るに足りない地味な出来事  |  夏になったような感じです。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/711-7e62352c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【人体に入れても健康上影響が無いことが証明されているもの】

ある窯業系のメーカーの研究室と打ち合わせ窯業系メーカーとは外壁材のサイディングやキッチンのパネル、工場用の屋根(スレート)などをつくっている会社です。オブザーバーとして住宅用の建材として使える(需要があるか)可能性があるかどうかの意見を求められています...

2012/06/21 06:32 | まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。