埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:54:17 «Edit»
2012
08/08
Wed

P8075015-1.jpg
B/strage基礎工事
先日の市ノ川に負けずにいい基礎が仕上がっています。
施工は入間市の飯田建築さん

今日の監理のポイントは2点
1点は基礎の仕上がり状況
良好です。
コンクリートが十分充填されていない個所があったり、砂利が表面に見えていたりすると施工不良・強度不足の可能性があります。
対処方法は鉄筋補強の上でコンクリート増し打ちや軽微な場合は表面補修などですが、いいことではないです。
基本的に施工者は信頼していますでもミスは起こりえます。
防ぐためには立ち合いも必要です。
私のところではコンクリート打ちは設計者の立場で立ち合いをしています。
建築主が立ち合うのも施工者は気が抜けないのでいいと思います。

2点目は排水配管の状況確認
主要な部分の配管は高さ調整金物を使いきっちり勾配を取り固定しなければいけないのです。
いい加減な配管もあると聞きますが見る人がいないのでしょうね。

当たり前のように誰でも勾配は取ります。流れませんからね、問題は固定方法しっかり固定しないで後で動いて(地震とか床下点検とか)勾配がおかしくなり汚水が常に配管の中に滞留しているようでは嫌ですからね。
基本はできるだけ直線に配管して、しっかり固定
単純なことですが大事なことで、当たり前すぎてうっかりすることも無いとは言えない。

確認しただけで何も指摘することがなかったけれどこれも仕事

FC30N/mm2ぐらいのコンクリートは肌が白い様な気がするけど気のせいかな?

P8075018-1.jpg



クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 下が氷だったら白熊みたいだ。  |  腰が悪いとは思えないね! »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/756-91d787db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。