埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:20:54 «Edit»
2012
09/16
Sun

Category:設計仕事

どうしても一階に光が入らないとき。 


イラスト2
1階に光が入らない?

都市型住宅にはよくあること。
南側のお宅と如何しても距離が取れないときは、吹き抜けを工夫して1階に光を導くことができます。
その場合でも最低お隣の屋根から5.0mはほしいところです。
また、最低5.0m離れていれば、2階の床面には光が入りますので、2階リビングも有りですね。
冬至の時の話なので、実際にはここで示した距離より光の入り方は、楽になります。
このぐらいなら大丈夫だろうという感覚も大切ですが、一番条件の悪い時をショミレートして現実を知ることも大切だと考えます。

敷地条件を最大限有効に活用するとともに、条件に適した住み方を提案します。

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« めまぐるしい一日でした。  |  冬を考えれば夏は何とかなる。  埼玉県の冬至太陽高度は約31° »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/784-ca691d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。