埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 17:10:59 «Edit»
2012
09/21
Fri

ここ出雲崎は北前船が寄港し、佐渡からの金が運ばれ、北国街道として宿場が栄えた当時は人口も5万と言われ、人口密度も越後一、京都の文化を北に伝える主要な都市であったようです。
今でも3.6KMつづく妻入りの街並みは日本一だそうです。

P917534620120917_100400 (2)
とにかく皆さん妻入りなので、個性を出したくてもこの面しかないわけで、洋風デザインもあります。
漆喰の鏝絵が素晴らしい、割烹旅館「みよや」さん
実はここに泊まりました。ご飯もとってもおいしくて、「のどぐろ」初めて食べました。二人の部屋は海側の24畳、まるで体育館に寝ているようでした。
うっかり築年数を聞くのを忘れましたが、創業は江戸時代・ファサードは歴史的にも、町のイメージとしても残したいとのことでファサード残しで大改修を10年ほど前にやられたそうです。
天使が屋号をささえています。
いい感じですね。
P917535020120917_102517_20120921164656.jpg
P917535220120917_102548.jpg
出窓としてアクセントをつけ、出窓の屋根も垂木を工夫して飾っています。
外壁は土壁の上に保護のための下見板張り(杉板)がスタンダードな仕様です。
土壁自体は関東のものよりも若干劣化しやすいような、感じとして少しもろいような感じを受けました。
もしかするとこちらより、つなぎで入れる藁の割合が多いのかもしれません。
そんな感じを受けました。
妻部分だけを漆喰で仕上げている家もあり、こちらは少し余裕がある家のようです

P917532820120917_090249 (2)
クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 土曜日の午後、OB会とは名前を付けていないけれど、  |  北国街道妻入りの街並み出雲崎街並み調査① »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/789-af0f801d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。