埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 20:02:55 «Edit»
2012
09/27
Thu

P917534020120917_093949.jpg
前回の出雲崎で紹介した通り土間の建具
現在はアルミサッシが入り、普通の玄関になっていますが、その内側に隠れていたのは、かつての建具
しっかりした鋳鉄の蝶番に桧の建具、幅は1間(1820)あり、カンヌキの木製上錠前がついています。
〆たままでも出入りができるようにくぐり戸がついていますが、それがまた板戸と障子になります。
建具の中に引違建具が入っているんです。
くぐり戸自体は、長屋門などでこの辺でも見られますが、住まいの建具としてこのようなものは初めて見ました。

P917533920120917_093927.jpg
障子にして内側から見るとこんな感じに明かりが入ります。
建具は桧です。
障子の枠が茶色いのは漆が塗られていたようです。
面白いですね。
なぜ開き戸ではなく、一枚戸なのかなど考えると楽しいです。
P917533820120917_093854.jpg
クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« ご無沙汰です。猫です!  |  地域材先進利用地長野県根羽村の視察 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/793-e0a864c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。