埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:23:40 «Edit»
2012
10/26
Fri

Category:設計仕事

環境にもお財布にも優しい方法 


PA255673.jpg
遠方からのお問い合わせで建設地の候補になる土地を見てきました。
北西角地で道路の奥に見えるのは川の土手、河川敷からは100m位ですが中流域のこの辺では河川氾濫の可能性はまずありません。
昭和30年代に開発された住宅地で低層の住環境を維持している落ち着いた街並みです。
この区画の周辺は最近宅地開発されて分譲が盛んなところですが、地盤が悪い場合が多く基礎工事に費用が掛かります。
昭和30年代に開発されたところは、宅地としても条件のよいところが多いですね。今は条件の良いところが残っていませんし、改良技術も普及しましたので造成も基礎も改良すればいいという力技が横行しています。

改良方法も様々、表層改良から柱状改良、柱状改良でもセメントミルクや砕石方式などこれまた様々で、地盤の状態により判断されるべきですが、多くの場合はコストが落とせるセメントミルク方式が採用されるようです。
改良は安全に生活するために必要な処置ですが、方法と土の条件によっては環境を汚染します。
環境に負荷をかけない改良方法もあります、改良が必要な場合は少しコストは掛かりますがそのような方法も検討させていただきます。

環境にもお財布にも優しい方法が開発されればいいですね。

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 冬には雪が沢山振る町からいらしてくれました。  |  難しいのはどこで折り合いをつけるか »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/813-52caf9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。