埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 20:15:39 «Edit»
2012
12/13
Thu

Category:NPO

障害者自立支援施設 


20110902_132732.jpg

NPO法人あいアイ
http://www.aiai-art.jp/

川越の郭町を拠点にアートを通して障害者自立支援を行っています。
NPOモクイエとのコラボレーションなどで顔なじみになり、何だかんだともう2年ほどのお付き合いになります。
郭町で小さな平屋住宅を借りて手狭なところで活動してきましたが、今年は同じ郭町で川越市の建物(住宅)と土地を借りて広くなりました。

用途変更という建物にまつわる法律的な整理を依頼され、行政と協議したり消防に出向いたりしています。

このような活動はどこも資金繰りが大変です。
あいアイも就労支援施設の認定を取り、補助金を頂かないと活動に支障をきたします。
ただ就労支援施設の認定を取るには、建物を住宅では無く、「児童福祉施設」に用途を変えなければなりません。

住宅は、住宅にまつわる法規(基準)をクリアーしなければいけません。
児童福祉施設には、児童福祉施設にまつわる法規(基準)があり、当然住宅で要求される基準よりも厳しいものとなります。
消防的なことから、避難関係、排煙や採光、換気などの基準も変わり耐震性の問題も出てきます。
また、市の建物(財産)の「用途を変更する」という法律以外の難しさもあります。

夏ごろから少しずつ動いていましたが、ここにきて関係各位のご尽力によりやっといろいろな部分の交通整理ができ、建築指導課との共通の認識が出来ました。

まだまだ越えなければならないハードルがあるけれど、3月をめどに「用途変更許可」を取得し、住宅を「児童福祉施設」に切り替え、「就労支援施設B」多機能型事業者の認定を取得します。

設計事務所はこんな仕事もしています。
各種建物にまつわる許認可業務もお問い合わせください。

上の写真は木製のワインスタンドをNPO山のめぐみが杉の間伐材でつくり、あいアイの子が絵をかきました。ワインのラベルも描きました。
下はときがわの里山整備の団体(どんぐり)が炭を焼き、あいアイの子がパッケージの絵を描きました。
それぞれの団体を結び付けたり、企画から販売をモクイエが担当しました。
そんな関係です。

20110902_132445.jpg
クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« 住宅の重さで地盤は沈むか?  |  建物の重さと基礎と地盤の関係 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/847-7272db92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。