埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 16:15:28 «Edit»
2012
12/24
Mon

Category:設計仕事

インフレ目標2%と家づくりの関係 


P8125041-1_20121224160719.jpg

インフレ目標2%と家づくりの関係

安倍内閣は2%インフレ上昇率を目指す考えのようで、日銀も概ねその方向でたくさんのお金を市場に流すことになりそうです。
私は仕事がら家というかなり高額なものを扱っています。
高額になるほどインフレの影響は大きくなります。

ここ20年ぐらいは買い手市場と言われてきました。それはデフレの影響で土地価格や建物価格が下がり続けてきたからです。もちろん収入も減り続けてきましたので好ましい状態でもありませんでしたがバブル期に比べ安く家が求められるようになったのは事実です。

さてインフレに振れると家づくりはどうなるのでしょうか。
仮に今2000万円の家を建てる場合、消費税が5%ですから単純に2100万円必要になります。
2014年消費税は8%です。2%インフレに振れれば2000万+8%+2%=2200万円になります。
さらに2015年からは2000万+10%+2%=2240万円です。

たった3年の間に同じ建物が2100-2240=140万円上がってしまいます。
収入も上がる勘定で、400万の年収で2%だと年間8万円上がります。
たった8万円アップで140万円の負担増になる計算です。

消費税分収入が上がるわけではないので物価も2%あがり生活にかかる消費税も上がるわけですから厳しい現実が見えてきます。
大きな買い物はしにくくなりそうですね。

ただ、2%ずつ継続的に毎年インフレになっていくのであれば考えは変わります。
年々2000万の家が40万円ずつ値上がりしていくのですから早く買った方が得になります。
先物買いを繰り返したバブル期の再来です。

こう考えてくると駆け込み需要はある程度あるのだと思いますが、住宅は末永く住まうものだからじっくり考えてつくりたいですね。
土地も家も投資する対象ではないのですから。

消費税分年収も上がってくれればいいと思っている今日この頃です。
クリックお願いします
スポンサーサイト

« 折り込み広告の間取りを見てみる。  |  震度6弱の確率公開 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/857-a8035fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。