埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:08:12 «Edit»
2013
01/11
Fri

Category:設計仕事

今日は耐震診断 


P1115981-1.jpg

今日は耐震診断

寒い時期になると地震をイメージするのは私だけではないと思います。
阪神淡路は1月の17日
東日本は3月11日
2011年の長野・新潟県境で大きな被害が出た地震も雪がありました。
今年の冬はそのようなことが起こらず過ぎてほしいと願います。

今日は川越で耐震診断を行いました。
机上で行う診断を簡易診断と言います。簡易診断は行政によっては無料で行っているところもあるぐらいです。
何かのついでに自分の家の図面を持って見てもらうのもいいと思います。
また、設計事務所でも簡易診断であれば3万円程度で診断するところが多いようですので問い合わせてみるといいですね。
事務所であれば改修やリフォームを営業されることもないのですし、良心的に事後の策を考えてくれるところが多いと思います。
民間業者で「無料で見ます。」は後のことを期待しているので避けたほうが無難です。
P1010148.jpg

今日の診断は簡易診断ではなく、現地に行き図面を基に屋根裏に入り、床下にもぐり目視で確認できる範囲を確認し、現状を把握することから始まる「一般耐震診断法」となり詳細な判定が出来ます。

古い建物は腐食や劣化などもあり耐力が落ちている場合があります。そのようなことも劣化評価として検討し、全体の耐震性を評価します。
診断方法や手順は「木造住宅の耐震診断と補強方法」国土交通省監修に準拠して行います。

今回の建物は昭和55年ということもあり、予想した通り良い状態ではありませんでした。
完全に現行基準の強度に上げるのは費用対効果を考えると至難の業ですが、現状を把握し、弱点を把握できればどこをどう補強するのかが見えてきて無駄な補強工事をしなくて済むようになります。

「リフォームと合わせてきれいに、ついでに強くなる」ぐらいの考えがいいですね。
耐震改修だけでは少しさみしいですからね。

アーキクラフトでは耐震診断を業務として行っています。
お問い合わせください。
クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« いい色、すこしだけ桃色、日本の色です。  |  木造 VS 鉄筋コンクリート »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/870-0d325d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。