埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:41:28 «Edit»
2013
02/14
Thu

P2106234-1.jpg
B/storage
建具が入りました。
アーキクラフトの指定する建具は建具屋さんが現場で寸法を取り、加工場で建具表を参考に製作し、現場に持ち込まれるものです。
現場に持ち込まれた建具は、微調整を行いながら吊り込まれます。
一般的には建材メーカーが建具枠とセットで建具を販売しているようです。
そして建具屋さんは必要ない仕組みになっているようで、現場に搬入された建具は大工さんが枠ごと取り付けます。
そこにオリジナリティーが入り込む隙間はありません。
どこも同じ、色が違うだけ。
そこに建具職人の技量は必要ありません。
職人が減り、職種がひとつ消えていきます。

家は外の世界に向かって個性を主張すべきものではないけれど、住まう人の個性があった上で社会に具現化してくるもの。
そして「造る」ということは、技能を通して文化を引き継ぐこと。
ものずくりの現場を大切にしたい。

だからといって高くなるとか時間がかかるということを「よし」とするわけでは無く、普通の事として行いたい。

杉の柔らかい建具には金物は使いたくない、塩ビはさらに使いたくない。
掘り込みだけでも要は足りるし、潔い。
P2106233-1.jpg
クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« さいきんのキッチン  |  建物が生きてくるような気がします。 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/901-c27fb5ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。