埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 17:53:34 «Edit»
2013
02/19
Tue

Category:建物

石川家西洋館その2 


P2126373-1.jpg
石川家西洋館その2
玄関扉です。洋館とはいっても日本なので内開きにはできなかったようです。
ドア形式としては、框戸鏡板張り
框と鏡板(腰板)は欅、ちなみにドア脇の腰板も欅の一枚板ですが、とっても残念なことにも木部保護塗料が下地を処理しないで塗りたくられ、とっても残念なことになっています。辛うじて欅の目がわかる程度まるで「ペンキ塗り」
予算が無くても、知識があり意識が高い人が仕事をすればこうはならない。
P2126374-1.jpg
金物はすべて真鍮
真鍮は銅と亜鉛の合金で、磨くと黄金色にピカピカ
緑青が出ているので銅かと思いましたが銅では柔らかすぎますからね。
ドアの下の鎧板も真鍮です。これは洋館のドアには必ずと言っていいほど付いています。
思うに足袋や草履の日本と違い、硬い靴からドアを保護するために必要だったのでしょう。
P2126375-1.jpg
こちらは開き窓の下水切り
銅板ですが先端の切り口が見えないように先端を丸く収める、何とかという手法ですが忘れました。
下の台はテラゾ―
本会でも御影石と言っている方もいましたが、これはテラゾ―
テラゾーとは御影や石を模した仕上げで高級な左官仕上げです。個人的にも20年ほど前に現場でやって以来お目にかかりません。亡くなりゆく技術ですがまだ年配の左官屋さんなら出来る人はいる。
今のうちにやっておきましょうか。

クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

« 石川家西洋館 その3 床三昧  |  石川家西洋館その一 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/907-3d1c08a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。