埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:48:02 «Edit»
2013
03/01
Fri

Category:B/strage

天井高さは1.4mです。 


P2256481-1.jpg
B/storage
ロフト
天井高さは1.4mです。
2階建てと認められる限界の高さです。これ以上高いと3階建てになります。
2階と3階、どこまでが2階でどこからが3階なのか、床があるレベルをすべて階になると考えるとこれも3階です。中2階といって1階と2階の間に床がある場合もあります。その場合は何2階建て、3階じゃないの?

建築基準法では1.4m以下の天井高さであれば階としてみなさないとあります。
1.4mとは居室として成立しない、生活できない高さという意味もあります。個室がほしくなる子供の年齢でも1.4mは低いですね。
もう一つの規定は下階の床面積の1/2以下でなければいけない。という規定もあります。
それ以上であればたとえ1.4mの天井高さであっても3階建てです。
建物重量に関しても床面が増えれば積載荷重が増える可能性が大きく、通常の2階建てとは地震力の受け方なども変わります。

部屋としての機能が必要であれば1.4ではとても足りませんので、それ以上を計画すればいいのです。
問題は3階建てになると用途地区によっては厳しい規制を受けること、2階建てでは要求されない構造計算が求められること、防火の規定が変わることなどがあります。

また、当然建築費にも関わってきますね。
居室のプラスアルファーとしての空間と捉えれば、1.4mで十分楽しく便利な空間が出来上がります。


P2256466-1.jpg
この写真の窓があるところの真下は床が有りません。つまり床からの高さが無い場所なので1.4mに縛られることは無いという法律を解釈し、窓位置は1.4mより高くしています。
どこの検査機関でもOKかどうかはわかりませんが、確認でも、完了検査でもOKでした。
そんなことが楽しかったりもいたします。

P2256482-1.jpg
クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« たかが物干しされど物干し  |  入間市豊岡教会 その三 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/919-e215da48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。