埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 17:41:00 «Edit»
2013
03/22
Fri

Category:設計仕事

ダイニングは多機能空間 02 


015LDK_s.jpg
ダイニングは多機能空間 02

居心地のいいダイニングには、家族に人数に相応しい空間が必要と書きました。
それともう一つ忘れてはいけないのが、すわり心地の良い椅子です。
カウンタースツールのような椅子では寛ぐことが出来ません。
ベンチなどもお勧めです。
TVが見られるのもいいでしょう、音楽が聴けるのもいいですね。みんなが揃える十分なサイズのテーブルや座卓にくつろげる椅子があれば、居心地のいいダイニングが出来そうです。

リビングとキッチンの関係性も大切ですが、間に挟まれると窓がとりにくくなります。大きくて開放感のある窓はダイニングにもほしいですね。設計上の工夫で開放感があり、明るいダイニングをつくりましょう。
プランニング段階で気を付けたいのはダイニングの場所です。
基本的には朝日が当たる場所をお勧めしています。
夜の食事も家族がそろうことが理想ですが、なかなかそうはいきませんね。でも朝ならば集まりやすいのではないでしょうか、一日の始まりは朝日が入る明るい場所で顔を合わせ、みんなで食事をしたいと思います。

キッチンとダイニングの関係を考えましょう。

○キッチンと一番一体感があるDKタイプを考えてみましょう。
生活感がすっかりダイニングにも現れるため、プライベート感が強い空間となります。調理に参加しやすくなりつくり手との一体感が強くなります。
キッチン機能と直結しているため便利ですが、来客を迎えるには不向きになります。

○カウンターで仕切られたタイプ
カウンターで仕切られてはいても顔の見える一体感のある空間になりますが、手元や調理家電、ごみ箱などが視界から外れある程度バブリックなダイニング空間になります。
また、ドアが無いカウンタータイプは家族のつながりや家事の手伝いも自然な流れの中で行え、一般的にお勧めしやすいタイプです。

○独立型のタイプ
キッチンとは壁で仕切られ、ドアがある場合無い場合がありますが、キッチンが直接見えず、調理している顔が見えないタイプです。
どうしてもプライベート感が出てしまうキッチンから独立することで、リビングに近いパブリック空間となります。
来客が多く、来客を食事に迎える場合に生活感が抑えられ好ましい場合があります。また、調理に集中したい方にも向いています。

最近多いアイランドタイプのダイニングキッチンも家族の距離が近く、手伝いのしやすい家族の関係が濃いダイニングになります。

どのようなタイプが適しているか、その家族の暮らし方により変わります。
ひとつ考えるきっかけとして重要なのは、どのくらいの関係の来客までダイニングに迎え入れるか、そこを考えてみるといいと思います。
ほぼ全ての来客はリビングまでと考えるならば、キッチン一体のプライベート感のあるダイニングでもいいと思います。
反面仕事の関係や、人を招いての食事を考えるのであればキッチント独立しているある程度フォーマルなダイニングも検討してみるといいでしょう。

お友達とお茶ぐらい。という一般的に多いパターンでは手伝いもしやすくて一体感もあるカウンタータイプが使いやすそうです。
079-キッチンimage-3_w6

クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« ダイニングは多機能空間 03  |  CO2貯蔵量認証制度 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/938-09d8e542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。