埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 17:43:26 «Edit»
2013
03/23
Sat

Category:設計仕事

ダイニングは多機能空間 03 


ダイニングは多機能空間 03
062__階段下スペース_s

さてやっとここからが多機能空間のお話です。
以前から茶の間周りには家事にまつわる家計簿や道具類はありました、小さな整理棚を置いてこまごまとしたもの使いやすい位置に整理してあったのではないでしょうか、現在でも同じことが言えますが、家事に欠かせない道具は変わりました。
ダイニング周りにあると便利な家事にかかわる道具類は、まず電話・FAX・パソコン・プリンターなどがありますね。
また、料理の本や、お子さんが小さい場合は絵本から、ちょっとしたおもちゃ、学校関係のファイル、地域の連絡簿などダイニングテーブルの上に広げたのではとんでもないことになります。

そこでそれらの道具が置けて作業が出来る家事コーナーを作ることをお勧めしています。
家事コーナーを配置するに当たり大切なのは、キッチン及びダイニングとの動線です。主婦が家事をするものとは決まっていませんが、今回は調理をする人が主に家事をするという設定でお話しています。
前回お話ししたキッチンとダイニングの関係で、パブリック性のあるキッチンや、フォーマルなキッチンのお話をしましたが、家事を主にどこで行うのかを決めておかないと、結局ダイニングテーブルが作業台となり、瞬く間にそこはプライベート空間になってしまいます。

動線的にどこに配置すればいいのかは基本のプランによって変わりますが、料理に関する本なども考えると、ダイニングとキッチンの間でダイニングからも移動しやすい場所が便利です。

家事コーナーがバランスよく配置できるとダイニングが心地よくなります。
また、家事コーナーは今後HEMSや家電情報版、セキュリティ―管理などさらに多様化し、家をコントロールする場所になるでしょう。
家事コーナーの近くに絵本や学校の宿題などが置ける書棚があると、子供たちもダイニングやリビングで過ごすことが多くなり、必然的に触れ合う時間も増えてきます。

P5134520-1_20130322174301.jpg
クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

テーマ: 日々の出来事

ジャンル: ブログ

« ダイニングは多機能空間 04  |  ダイニングは多機能空間 02 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/940-eb3eac89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。