埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:46:11 «Edit»
2013
04/13
Sat

Category:設計仕事

トイレは広く明るく01 


トイレは広く明るく
042トイレ_s

トイレの位置は北側の階段の下とか余った場所に押しこまれるのがほとんどですが、一番注意したいのは食事をするダイニング、調理をするキッチンから見えないようにすることです。

今のトイレは臭気も出にくく、衛生的になりました、「厠」という言葉があります。
調べてみると母屋の外に設けられるもので「側屋」と呼ばれたという理由もあるようです。
不浄の場所であり母屋の中にはつくりませんでしたが、「お手洗い」と呼ばれるようになったころから水洗となり、換気扇が付き、家の中に迎えられるようになりました。今では広くゆったりと落ち着く「部屋」として設計されることもあります。

このように衛生的になり環境が良くなったトイレですが、そうはいっても食事の場所からは離したいものです。
食事中に水洗の音が聞こえるのもどうかと思いますし、来客のときは特に気になります。
出来るだけダイニングからキッチン、リビングからは離して設けたいところです。やむをえず隣接する場合でも音が漏れないような遮音の工夫をお勧めします。

どうしてもスペースが限られてしまうトイレですが、少しの工夫で快適な空間にすることはできます。
トイレを「化粧室」と呼ぶ場合があります。
「トイレ」と「化粧室」何が違うのでしょうか、明確な規定などはありませんが、化粧室と呼ばれるトイレ空間のイメージは、洗面(手洗い)があり鏡があり、文字通り、身だしなみを整えることが出来る空間です。

身だしなみを整える空間の最低限の大きさは、90cm真四角、試着室のサイズが大体このサイズです。
トイレは少なくとも90cm×120cmはあります。
つまり立上れば、化粧室としてのサイズはすでにそこにあるわけですから、プラスしたいのは手洗いスペースと小さなカウンター、鏡はスペースを取りません。
ちょっとした工夫でトイレは化粧室となります。

洗面所は洗濯機とセットので浴室の隣にあることが多いです。いつもか片づいているとは限りませんね、急な来客やお友達が来ているときも、トイレにちゃんと手が洗えるサイズの手洗いがあれば、洗面所ではなくトイレを案内することもできます。

トイレは長居する場所ではありませんが、みんなが使い、利用頻度が高い空間です。
緒とした工夫で用を足すだけの空間ではなくなります。
「暗い狭い」から「明るく広い」へ意識を変えていきましょう。
クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

« トイレは広く明るく その2  |  一人営業に出向く »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/955-17595bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。