埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 19:34:10 «Edit»
2013
04/26
Fri

Category:設計仕事

住宅の設備を自分で調達してもいいの?02 


P2256444-1_20130425153655.jpg
(洗面ボウルや水洗金具に鏡なども自分で調達することは可能です)

住宅の設備を自分で調達してもいいの?02

工務店の住宅設備の購入の仕方は、まず納材店(代理店)を通してメーカーから仕入れ、場所と時間を指示すれば買いに行かなくても現場に納品されます。
この時に現金は必要ありません。通常は取り決めがなされていて、締日と支払い日が決められていてまとめて清算されます。

設備品の保証に関しても代理店又はメーカーがしっかり対応し、保証書が無いなどということは普通ありません。
対してネットなどで自分で購入する場合はどうでしょうか。
現金購入が前提ですがその分何社か比較して安いところで買うことが出来ます。

小さいものではインターホンから始まり、ビルトインコンロや食器洗い洗浄機、換気扇フードやキッチン本体だって、ユニットバスだって売られています。
受け取りは自宅への宅急便などになるでしょう。届いた設備は自分で現場に運び、後は工務店に取り付けを依頼することになりますが、この時によく問題が起こります。

付属部品の問題と予定寸法との不整合です。
設備品はそれ単体で機能するものは実は少なく、配管であるとか取付金具であるとか別売りの汎用部品や専用部品が必要になります。

また、予定していた電源位置や、消費電力などの食い違いの不具合などが起こりやすい問題で、そのために既存部分を改修するのであればせっかく安く仕入れても残念な結果になってしまいます。
必ず監理者に相談することをお勧めいたします。

また、保証についても自分で買われたものは自己責任になります。トラブルの時に設備本体が原因か、取り付け方が原因なのかで工務店とトラブルになる可能性もあることを認識して置きたいところです。

またタイミングも重要です。
早く入ると邪魔になり、遅く入ると現場が困るということもあります。現場の進行状況を見極めての搬入が大切です。

ネットではこんなものまで売られているのか!とこちらが驚くようなものまで売られています。
私が今家をつくるのであれば、それなりに専門的な知識もあるし、わからない部分の聞き方や調べ方を知っているのでネットでかなりの設備品を調達するのではないかと思います。現金があれば安いですからね。
いいですよ。

挑戦する方は何時でも応援いたします。
極端な話しですが、木材すべてを自分で調達することも可能と言えば、可能です。
P3156665-1.jpg

クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
スポンサーサイト

« 川越市 優の家 構造見学会  |  住宅の設備を自分で調達してもいいの?01 »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/963-1b038874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。