埼玉県の設計事務所 アーキクラフトのブログです。 自然素材による家づくりを一生懸命行っています。

 

窓の散歩道

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 18:45:47 «Edit»
2013
05/15
Wed

Category:耐震

耐震補強 


P1010155_01-1.jpg
先月耐震診断を依頼され、診断をしました。
「柱が傾いてきたようで心配だ」というご相談を受け現地を確認し、劣化状態を加味した一般耐震診断を行いました。

築40年で増築を重ねた家です。
かなり悪い評価にがっかりなさっていましたが、気を取り直し最低限の補強をしたいということで、補強案を提案し、耐震工事をいつもお願いしている工務店を紹介し、工事が始まりました。

今回は契約上工事監理までは行わない約束でしたので、とりあえず当事務所の業務は終了していますが、現場から連絡があり、現状を見て対処方法を相談させてくれと、

一般耐震診断での現地確認では破壊しなければ確認できない部分は目視しません。
見える部分をできるだけ確認して、見えない部分は想定し、判断します。

その見えなかった部分が工事のために見えてきたら、大変な状況に
こんなのは長い経験でも初めてです。

上の写真は古い梁が柱への取り付け部分で裂けていて、3cmほど落ちています。
梁としてすでに機能していません。
原因は木材の質があまりに悪く、裂けたのです。工事施工者の明らかな過失

下の写真は柱が無いところで梁をつないでいます。
なぜこの場所で継いだのか、間違いに気が付いていながら治さなかった。
いい加減な仕事としか言えない。
P1010159_01-1.jpg
最下部の写真は「まぐさ」といい、一本の梁では荷重を受けるのに不足している場合に梁の下に補強で入れる部材を言います。
柱をハスに欠き込み、まぐさを入れ釘だけで留められています。
揺らされれば外れてしまいますし、まぐさの下の15mmほどのところだけで耐えています。
しかも上の梁との間には隙間があり、隙間にはパッキンをかまして、いったいどれだけ意味があるのか。
柱も可哀そうです。

本来良心的な工務店、大工、であれば監理者などいなくても安心して任せられますし、任せたいところです。
ただ良心的であるかどうか見分けるのは難しいですね。
こんなことをしてきたつけが工務店不信につながってきたことを考えなければいけません。

P1010160_01-1.jpg
クリックお願いします
専門家ガイド マイベストプロ埼玉
耐震コラム
スポンサーサイト

« タイトルなし  |  春の皮むきイベントが開催できました »

 コメント 
 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/tb.php/976-29a3e13b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。